« 美味しいです!有難うございます。 | Main | 近況報告 »

ワークトップの高さ

Kaki2

クライアントさんから、
キッチンのワークトップの高さについて
ご相談があったので、
目安をご紹介しますね。

まず、調理には大きく分けて、
まな板の上で加工するスペースと、
加熱調理機(コンロ)があり、
じつは、この二つのちょうどいい高さというのには、
5㎝ぐらいの差があるのです。

大きな中華鍋を振ったり、深い寸胴鍋をのぞき込んだりするには、
80㎝~85㎝ぐらいがいいし、
加工には、もうちょっと高くてもいい。

段差を付ける方法もありますが、
お鍋をすべらせたり、お掃除にはちょっと不便。
既製品でないこともないですが、
種類も少なく、特注だと高価になります。

そこで、既製品のキッチンは、
中間を取って、85(80)㎝を標準として、フラットにし、
その前後で調整するようになっています。


もちろん、身長による差もあって、
こちらは、使う人のひじの位置から
マイナス14㎝ぐらいが、目安の高さ。

身長160㎝の私で、
ちょうど、ワークトップの高さが86㎝ぐらい。

ところが、最近は、
背の高いご主人や、息子さんも立つようになりましたし、
小さなお子さんが、お手伝いしやすいキッチンが、
子育てしやすい家、と評価されたりして、
奥さんだけの身長からは、決められないのが実際です。

背の低い年輩の方は、
低い方がいいかというと、
腰を曲げるのがつらいので、
85㎝、と高めを選択されます。

私の設計では、85~87㎝。

一番長く立たれる方の、身長を中心に、
・まな板の大きさと厚みはどれくらいか、
・かかとの高いスリッパを履かれるかどうか、
・どんな鍋が多いか、
・どんな料理が多いか・・など、
特殊な要件がないかをチェックして、ご自宅のキッチンを元に、
決められるのがいいと思います。

(ショールームは、靴を履いて行ったり、
 実際調理はしてみない、ことなどから、
 高さを決め込むには、難しいかもしれませんね。
また、海外のキッチンは、調理法が違いますから、よく説明を聞いてください。
※日本は、シンクやまな板の上の作業と水を使うことが多い。
 また、調理法も、中華・イタリアン・和食・・と多種多様。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*** 伊藤裕子設計室HP  ***

** プレゼント・ブックレット「イトウユウコとつくる家」 **

*** 「イトウユウコとつくる家」 家づくりのポイントはこちら ***

|

« 美味しいです!有難うございます。 | Main | 近況報告 »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 美味しいです!有難うございます。 | Main | 近況報告 »