« お昼ごはん | Main | 夏のOM »

お手紙をいただいて考えたこと

昨日、クライアントさんから届いたお手紙を読んで、
嬉しくて
目頭を熱くしてしまいました。

完成までに沢山のことを乗り越えなければならなかった
お宅ですが、ご家族でとことん話し合い、
伊藤の提案にも耳を傾けてくださって、
今では、皆さんとても喜んで暮してくださっています。

その様子を、丁寧に綴ってくださっていて、
嬉しかったのと、
春に誕生されたお子さんのお名前には、
伊藤の言葉も関係していたと知って、びっくりしました!
(ちょっと名付け親の気持ち!)

家という器を作る仕事を超えて、
家族を作っていく、その過程に、
微力ながら、加わらせていただけたのかなあ、と
しみじみ感動しました。


私たち設計者は、
設計料をいただいて仕事をしているのですが、
それに見合う価値というのが、

単に、かっこいい、
自然素材でできている、
便利な間取りを作れる、
図面を沢山書いて監理をしてくれる、ということではなく、

家族の関係がより良いものになったり、
家族を超えた人間関係が広がったり、
新しい興味につながったり、
メンタルな部分の安定が生まれたり、

新しい生活に‘確実に‘つながっていくもので
なければならない、と
思っています。


毎日の仕事の中で、
これでいいんだろうか?とジレンマを抱えることもあるし、
着地点が見えなくて苦しい時もあります。

そんな時、時々いただく、
こんなクライアントさんの手紙やメールに、
「この道でいいのかな」と励まされ、
一歩一歩進んでいます。

有難うございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*** 伊藤裕子設計室HP  ***

** プレゼント・ブックレット「イトウユウコとつくる家」 **

*** 「イトウユウコとつくる家」 家づくりのポイントはこちら ***

|

« お昼ごはん | Main | 夏のOM »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« お昼ごはん | Main | 夏のOM »