« フィルターなしの換気扇 | Main | 建築はどこにあるの?七つのインスタレーション »

安いものには・・理由が・・。

朝、事務所に来たら、
冷蔵庫の扉があいている。

泥棒ではなくて、
自然に開いてしまうのです。

とっても安くて、
かわいくて、十分じゃない!と思って買ったものですが、
扉の甘さに、気を付けないと、勝手に開いて
中のものが悪くなってしまう。

これまでも、
どこにダイヤルを合わせても黒くなってしまうかっこいいトースター。
操作すると、手元の電気が消える(意味ない)ミシン。
今一焼けない焼き肉プレート。

いずれも、国産ではない、超安値のものを買って、
結局使えず、仕舞ったままです。

一見、どこが違うかわからない金額の違うもの。
デザインだけは良くて、つい買ってしまったりするのですが、
やっぱりなんでも安いものには、
理由と、消費期限があるなあ、と
失敗を繰り返しながら思います。

結局家の中で長く使われているのは、

30年前に中古で買った無垢の民芸テーブルや、
デザイナーズ物のきれいな照明や家具
特注家具
普通に買った国産メーカーの電化製品・・。

美しいもの
本物
手作りのもの
ちゃんと性能が補償されているもの
が、やっぱり最後には残りますね。

買い替えや手入れを考えると、
いいものを、
最初に頑張っておくべきだなあ・・と
ぬるくなった、お茶を飲みながら
改めて思ったりしています。
(暑かったから、大分ダメになったものが・・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*** 伊藤裕子設計室HP  ***

** プレゼント・ブックレット「イトウユウコとつくる家」 **

*** 「イトウユウコとつくる家」 家づくりのポイントはこちら ***

|

« フィルターなしの換気扇 | Main | 建築はどこにあるの?七つのインスタレーション »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« フィルターなしの換気扇 | Main | 建築はどこにあるの?七つのインスタレーション »