« 危険? 要注意? 応急危険度判定のポイント | Main | お気に入りのヨーグルト »

月夜と眼鏡

建築は詩である

と、言った有名な建築家がいます。

便利で丈夫・健康的で、きれいだったら、
住まいは成り立つのだろうか?
と考えると、
なんだかそれだけでは足りないような気がします。

私自身、空間で詩を語れるほどの力はまだまだ
ありませんが、
こころに響くような住まいがつくれたらいいなあ、
といつも考えています。

長野の家のクライアントさんは、
小川未明の「月夜と眼鏡」という童話がお好きで、
そんな生活がしたい、とおっしゃっていました。

月あかりを眺めるデッキ。
月と音楽を感じるステンドグラス。
月光が差し込む天窓。
童話を楽しむ静かなリビング・・。
どれほど形にできたかなあ、と思っていたところ、

最近のメールで、
ご家族で「月夜と眼鏡」の朗読会をされたと
伺い、うれしく思いました。

Sutenndo

春の宵、
デッキで朧月夜を眺められるのも、
もう・すぐです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
***  伊藤裕子設計室HP   ***

***   「イトウユウコとつくる家」 家づくりのポイントはこちら  ***

|

« 危険? 要注意? 応急危険度判定のポイント | Main | お気に入りのヨーグルト »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 危険? 要注意? 応急危険度判定のポイント | Main | お気に入りのヨーグルト »