« 女性建築士・建築家に依頼するメリット | Main | スケジュール調整 »

バリアフリーは50歳から

今日の朝日新聞にバリアフリーの良い記事が載ってましたね。

住宅の話題も、その時々の流行があって、
地震があった後は、耐震・免震。
最近はエコがキーワードで、太陽光発電や、高気密高断熱。
介護保険ができたころは、バリアフリー。
シックハウス法ができた時は、その話題ばかり。

それぞれ大事なことなのに、
いつの間にか忘れられたり、簡単に扱われたりするのは、
残念です。

今日のバリアフリーの記事を読んでいて、
そうそう、皆さん忘れないでくださいね、と
今日のブログで取り上げてみました。

ちょっと長いですけど、
大事なことですので、お付き合いください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日の見学会で、

すべてを完璧な形で取り入れようとすると、
矛盾が生じる。
バランスが大事。

ということを、皆さんに知っていただきたいな、と感じました。

小諸の家を建てるとき、
工務店二社検討しましたが、
どちらも優劣付けがたい。

決め手になったのは、
玄関を引き戸(それも段差なし)にできるかどうかでした。

将来を考え、車椅子使用可能にするのが前提の家なので、
特注の段差なし引き戸は絶対条件。
30mmの段差のドアでは、自分で開け閉めと出入りができません。

にもかかわらず、
一社は、高気密高断熱の家なので、
気密性の低い玄関引き戸は採用できません、との回答。
残念ながらお願いできませんでした。
(別の回答の高気密高断熱の会社もあると思いますが)

高気密高断熱を100点に出来ても、
玄関の出入りが自分でできないのであれば、
バリアフリーという観点で、0点になってしまう。

気密性がそのことで何%か落ちたとしても、
風除用戸を付けたりして対策を取れば、
自分の力で、外出できる。

そのことが、人生にとってどれだけ重要か、
ということを考察し、
バランスを取ることがとっても大事です。

では、バリアフリーの専門設計者に頼んではどうか?

クライアントさんが、いくつかバリアフリー住宅を見学して感じたのは、
バリアフリーとしては良くできているけれど、
生活しにくい。
また、バリアフリーを感じさせない美しい家がほしい、
ということでした。
(もちろん世の中には美しくて生活しやすいバリアフリーの家は
 沢山あります。)

沢山の宿題をいただきながら進めた小諸の家は、
車椅子でも問題なく隅々まで動けます、とご報告をいただき、
照明と素材の美しさを喜んでいただき、
見学会でお会いした主婦の皆さんには、年代を問わず
使いやすそう!と感想をいただきました。

P1050193
(車椅子でもゆったりのキッチン)

Img_93932
(間接照明がきれいなリビング。良く見ていただくと、巾木が車椅子でぶつかっても
 壁が汚れない35cmになってます。)


まだまだ、改善すべき点もありますが、
「バランスをとる」ことの大事さ、というのを
改めて感じました。

また、一時的であれ車椅子使用が珍しくなくなってきた昨今。

そうなってから、リフォームでは、時間もコストもかかります。
構造によっては、対応できないことも・・。

新聞では、時間とお金の余裕がある50代のうちに、と
書かれていましたが、
私は、20代の新築でも、少なくとも一階部分はバリアフリーにする、
十分な広さを取るなどのプランが重要だと思います。
もしくは、将来リフォームが可能なように、
室内の構造壁を少なくしておく、など、出来ることは沢山あります。

これから新築される方は、
見た目のカッコよさ・一部の機能・コストだけに注目せず、
20年後・30年後どうなっていくんだろう?と想像し、
「今の希望」「機能」「将来の自分」のバランスを取ってくれる、
工務店や設計者に是非出会ってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
***  伊藤裕子設計室HP  ・ 無料相談を‘新宿OZONE‘と‘熊谷‘で受付中!  ***

***   「イトウユウコとつくる家」 家づくりのポイントはこちら  ***

|

« 女性建築士・建築家に依頼するメリット | Main | スケジュール調整 »

住まいのコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 女性建築士・建築家に依頼するメリット | Main | スケジュール調整 »