« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

長屋マンションの作り方

先日の強風の日。
雨も降ってきたので、
洗濯物が濡れたなあとがっかりしながら
自宅に帰ると、
近所の奥さんが、廊下で洗濯物を抱えています。

おとなりも出かけていたので、
私に洗濯物を取り込んでもらおうと電話をしたら、
うちの高校生の息子が出たため、要件を言わず電話を
切ったそうなのですが、

珍しく!機転の利いた息子は、
おとなりの洗濯物を取り込み(庭から入れる)
さらに、タオル類を畳んでおいたそうで、感謝されました。
(うちのも取り込んであったけど、畳んでなかったよ!)
さらに、ご心配なくと電話までして。
(母にも電話しなさいよ!)


昨日は、打ち合わせの帰り、
ケーキ屋に寄った私は、
なぜか虫の知らせで、
家族分より一つ多いケーキを購入。

家に帰ると、お隣のおちびちゃんが、
鍵を忘れたということで、
リビングにちょこっと座っていました。
一緒にケーキを食べて、お兄ちゃんが帰るまでの時間を
過ごしました。

昨日書いたように、
みんなで勉強会もあり、
マンション全体で子育てしてるようなものです。


マンションは交流がなくて・・とよく聞きますが、
こんな長屋のようなマンションもあります。

うわさを聞いて
引っ越してくる人もいるんですよ。

(これには、ひとつプラン上の特徴が関係あって、
 庭先が通路になっているので、洗濯物を干しながら
 お話しできたり、行き来できるので、
 自然にみんな仲良くなれたのです。
 閉鎖的なドア一枚のマンションでは、こうはいきませんね。
 おかげで私は、育児鬱にはならなくて済みました。
 住まいは、ほんのちょっとでも、外に開くことが大事。)


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

肩寄せ合って勉強もいいよ。

同じマンションに住む中学生の息子の同級生数名が
どやどやとうちに上がってきて、
狭ーいリビングを占拠して
テスト勉強を始めました。

皆同じ狭いマンションで兄弟も多く、たぶん十分な個室も
与えられていないと思うのですが、
自宅や、幼馴染のリビングで肩寄せ合って、
一生懸命勉強してます。
(うちの子以外、皆学年トップクラス!)

最近は、
子供に広い部屋を計画してください、という人は
ほとんどなくなりました。

大きなダイニングテーブルと、
頑張れ!って思う家族の応援があれば、
6畳の集中できる個室がなくても、
けっこう成績は上がるものだなあ、と
近所の様子と、
お施主さんのお宅の優秀なお子さんたちを見てると
感じます。

(うち以外。)


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

下地もきれい

Kizuri


山梨に行ってきました。
雨も降ってきて、
春近しです。

現場は仕上げに入ってきています。

外壁は、モルタルに吹き付け仕上げなので、
下地は木ずり。

木の板で包まれた姿は、
そのままできれいで、
板張りの仕上げも良かったなあ、なんて
思いながら眺めます。

今までやって、一番きれいだったのは、
木舞い壁でした。(塗り壁の竹下地)

サッシュは今回は、
樹脂サッシュを使います。

気密性・結露対策・断熱性能が
優れているので、
寒い地域では有効です。

実際、
現場で打ち合わせしていても、
外断熱と樹脂サッシュで、
寒さはあまり感じないんですよ。

++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

春は遠かったです。

Yukiniwa


台風のような春一番が吹いた週末、
青森にトンボ帰りしてきました。

父の喜寿のお祝いです。

2時間遅れの新幹線で八戸に着くと、
雪はなく、
「今年は寒いけど雪はない」と
タクシーの運転手さんから聞いて帰り、
朝、目を覚ましたら、
自宅の庭は、この通り!

北国の春は、まだまだ遠いです。

(ケーキはおいしかった!)

Kiju


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

春まだ遠し?

近隣からは、
梅のお便りもいただきました。
日差しの様子が、
すっかり春めいてきましたね。

ところが
今週から来週にかけては、
青森・山梨・長野・・と、
まだちょっと(だいぶ?)
寒い所にお出かけです。

青森の梅と桜はほとんど同時に咲きます。
連休の頃は、
色んな花が咲き乱れて、
本当にきれい。

冬が長いところほど、
春へのあこがれが強いせいか、
北国出身の私が、
一番好きなのは、春。

各地の小さな春を
探してきましょう。


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

材木屋さんに

Kpure_3


現場が始まっても、
設計者がすることはいっぱいあります。

現場に時々行って、
眺めてるだけではないんですね。

写真は、昨日
材木屋さんに行って、
柱を確認した様子。

上棟前に、
節のある柱をどちらに向けるか、
加工の内容をチェックしに、
足を運ぶこともあります。

もうすぐ上棟。
楽しみです!


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

遠い・遠くない?

昨日お打ち合わせをさせていただいた方の家まで、
片道車で1時間半。

「遠いところすいませんね」と言われて、
とっさにどことどこが遠いのかわからなくて、
きょとんとしてしまいました。

設計も、その土地のことを良くわかった方に頼むのが
ベストだと思います。
でも、好みや生活の仕方が多様化している昨今、
同じ市内で、ぴったりの設計者を選ぶのは難しいですし、
探す手段がネット中心になってきていますから、
HPを持っていない場合出会うのはさらに難しくなります。

心配なのは、
地元の風土の理解・監理・アフターフォロー。

県外の特殊な風土については、自分でデータを集めるだけでなく、
早いうちに地元工務店の協力を得て設計を進めます。

監理は、遠方でも月に1~2回は確保して
打ち合わせを密にする。
(最近はインターネットですぐ写真も送れます。)
片道1時間半程度なら、週に1度は監理できます。

メンテナンスはむしろ、良い、近郊の工務店に
お願いしておけば、設計者が急行しなければならないような
事態は起こりにくいです。

設計期間と、工事期間に余裕をもっていただければ、
日本国内、どこへでも喜んで
お伺いしたいと思っています。

見たことのない風景。
美味しい食べ物。

新しい土地と人に出会うのは、
うれしいです。

++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

カフェ「はな」

Ts2d0019


いろんなところに仕事で行くと、
出会えてうれしいのが、
「カフェ」。

志木の現場に行く途中でも、
一軒気になるお店があって、
先日やっと、入ることができました。

カフェの名前は「はな」。

地元のおじさんやおばさんで、
小さな店内はいっぱい。

流れるのは、ジャズ。

丁寧に入れられたコーヒーは絶品。


「ああ、うれしい!」
と、満足の時間を過ごしました。

こんなことでも、
現場に通うのが楽しみになります。

++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

ヘンなのに、しっくりくるもの。

最近見た、ヘンなのに
なぜかしっくりくるもの。

映画「ヘアスプレー」の女装したジョン・トラボルタ

それも、かなりふくよかな体に変身して。

目元を見ると、確かにトラボルタ。
でもすっごくかわいいママぶりに魅了されました。
映画自体も面白いです!


最近デビューした、
黒人の演歌歌手、ジェロさん。

生出演で初めて歌を聴きましたが、
本人腰は低いし、
日本語はんぱなく上手だし、
歌はもちろん上手だし、
さらに、演歌でダンスも踊る・・・。

う~ん。でも、
どう見ても、ラッパーにしか見えないし・・・。

最近見た、
一番、ありえない組み合わせですね。
(歌もいいから、ヒットするかな?)


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

「建築の記憶」 展覧会情報

Teienbijutukan


Rarikku


東京都庭園美術館で開催中の
「建築の記憶」を見てきました。

・写真からわたしたちの建築観/写真観を読み解きます・

とあるように、近代・現代の様々な建築写真が
趣のある館内に展示されていました。

面白かったのは、
最初に展示してある、
明治撮影の「熊本城」。

普通、昔の写真というと、
ぼやけた小さな写真が多いのですが、
これは、細部まで緻密に撮れていて、
大画面で圧巻!

江戸と現代の中間のような風景の中に、
朽ち落ちた蔀戸まで鮮明にみることができます。

現代の観光地としての城ではない、
また、映画で見るのとも違う、
リアルな光景が印象的でした。

結構来館者も多く、
人気のようです。
3月31日まで。是非。


・・こうしてみると、
現代になるにつれ、
ずいぶん空間はシンプルに変化してきているんだなあ。
(青木淳・伊東豊雄もあり。)


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (2)

私が建築をしている意味

Mio


一年のうちにほんの何度か、
「幸せな一日だった!」と
思える日があります。

昨日もそんな一日でした。

午前中は、コンペのプレゼンがあり、
いろいろと勉強させていただいたあと、
高校時代の友人と、東京都庭園美術館へ。
(その様子は後日)

夜は、熊谷アート&キッチンで、
1年半男の料理教室の講師をつとめてくれた
MIO先生が都合で辞められるので、
その最後のお料理教室へ
顔を出させていただきました。


建築をやっていて、何が一番楽しいのだろう・
何に報われているのだろう・と
時々考えるのですが、

私の場合、
それは、
作った場所が愛されて、
そこで、沢山の出会いが生まれていることを
実感できた時、です。


MIO先生は、アート&キッチンという場所を
とても好きになってくれて、
また、そこに集った人たちも、
MIOさんとの出会いや、料理を通じた人生の広がりを
とても楽しんでくれて、

その、ひとりひとりの思いを
スピーチで聞かせていただけたこと、
MIOさんを送る、和やかで幸せな場に
立ち会うことができたこと、
こんな、うれしいことはありませんでした。
(ひとり、密かに涙目でした。)

MIO先生の代わりに新しいまた、
素晴らしい先生が入られることになって、
人の輪は続いていきます。


このたくさんの出会いが、
商店街にオープンなキッチンをつくったらどうだろう?という
ちいさなアイディアから始まりました。


私が、建築をしている意味。

それは、仮にそれが住宅であっても、
沢山の他者との出会いが生まれて、
人生が豊かになっていく、
その種を空間という手段で
蒔いていくことだと
思っています。


MIO先生、本当に有難うございました。
また、いつか必ず帰ってきてくださいね。

++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

今月のパン教室

Pan3_2


今月のアート&キッチン
パンとお料理の教室の出来上がりです。

ピザと、白いんげんまめのスープと
焼き豚と水菜のサラダ!

焼き豚もドレッシングも
ピザの生地も、全部2時間の間に出来てしまいます。

毎回美味しいのですが、
今回は、初めてお会いした教室の皆さんの
お話が面白くて、
おしゃべりがメインになってしまったみたいでした。


香織先生のすごいところは、
料理が好き!というだけではなく、
食を通して、地元の人の健康を守りたい、という
しっかりした目的があって、
たとえ2~3人の生徒さんでも
喜んで教えたい!と熱く語ってくださること。

私も、ささやかながら、
お砂糖は茶色いのを使う・
胡椒は引いて使う・など実践中。

昼間の教室だけでなく、
夜の仕事帰りの方の料理教室と
週末の男の料理教室も香織先生担当で
始まります。
美味しいだけでなく、健康になる、
香織先生の教室にぜひご参加を!

詳しくは、下記アート&キッチンブログをご覧ください。

++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

石の上にも三年。

ブログを始めて、
3年経ちました。

石の上にも三年。

日記も家計簿も1か月続いたことがない・
mixiも3日坊主で休眠状態・
なんでブログだけが続いているのか?
自分でも不思議ですが、

やはり仕事の出会いにつながっていくので、
いつかお施主さんになるかもしれない人や、
今まで出会って、会えなくても時々見てますよ、と
言ってくれる人の実際の顔を目に浮かべると、
いい加減なことを書いたり、
飽きたからやめよう、という気持ちにはなれません。


HPで設計者を絞り込み、
しばらくブログを読み比べて決めました、
という方もいらっしゃいます。

「ブログはこうありたい自分の姿」とも
言われますから、
私のほんの一部の表現でしかありませんが、
同じ価値観や、楽しみを持った人と出会うための、
大事な場所だと思っています。

これからも宜しくお願い致します。


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

切れるおとなの話

いつかも、切れる大人の話を書きましたが、
I氏との会話の中でもいくつか怖い目撃談。

旦那が遭遇したのは、
電車の中で突然ドライバーを振り上げる男性。
(あわててまわりで取り押さえたそうです。)

ホームで70代男性を背負い投げする男性。

I氏が遭遇したのは、
ホーム側から窓を開け、
傘の先で相手をさす(!)男性。(当然流血)


先日、NHKで、きれる大人の特集をしていました。
一番抑制がきいているのが、
20~40代で、
60歳を過ぎると抑えがきく人ときかない人が
両極端になり、
平均値をとっても、
6歳児と同程度なのだそうです。

駅で、危なそうな大人を見たら、
体の大きな3~4歳児だと思って
対処するのが、正しいかもしれません。

もちろん、さらに抑制のきく、
本当の「大人」になっていく人も
多いのですよ。
どこが境目なのかな?

++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

あずさ超満員


Yamanashi


三連休最終日は、
山梨の現場監理とオフィスフォーライツ改装の
打ち合わせがありました。

山梨の雪景色は今までで一番きれいで、
思わず駅のプラットホームから一枚。

Kaneko211


「森の家」は、外断熱の施工が終わり、
外壁下地の作業中です。
雪の日は室内の工事・
暖かい日は外まわりの工事・と
寒い中大工さんは頑張ってくれています。
二週間に一度の監理なので、
お昼も食べずに
10:00~15:00までぶっ続けの打ち合わせ。
(皆様もお疲れ様でした。)


その足で、高田馬場のオフィスフォーライツへ。
床改修の打ち合わせです。
いつもながら、手作りの食事のおもてなしと、
楽しい会話で、時間を忘れてしまいました。
(なんと、I氏は3連チャン)
お土産の手作りライスグラタンまでいただいて、
午前0時帰還。

う~ん。足が痛いなあ・・と思い返したら、
帰りの特急あずさは、連休帰りでいっぱいで、
ほとんど立ったまま帰ってきたんだった・・。

設計は、体力勝負!です。


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

雪景色の思い出

また、雪でしたね。

旅行先で立ち往生したり、
素敵な雪景色に出会ったり、
それぞれの雪模様でしょう。

私が今まで一番印象に残ったのは、
冬の十和田湖畔。
ホテルのレストランから、窓いっぱいの雪景色を
見たとき。
流れる曲が、キースジャレットの
「ケルン コンサート」。

どちらも、静かで美しくて
時間が止まったようでした。


その光景そのものも素晴らしかったのでしょうが、
10代で目に焼きついた素晴らしい光景は、
感性が鋭い時期だから、
よけいに忘れられないのかもしれませんね。


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

誕生日でした

Choko


先日私の誕生日でした。

ケーキは、ホールのケーキを
しっかり自分で買いに行きます。

私  「この、丸いチョコのケーキください」
店員 「お誕生日ですか?」
私  「ハイ」
店員 「おめでとうございます!!!
    お名前はなんとお入れしますか?!」
私  「・・・・ゆうこ・・ちゃんで、おねがいします・・。」
   (店員さんのテンションのあまりの高さに
    つい口走って後悔する。)
店員 「(ろうそく)おいくつですか?!」
私  「・・・・・・・むっつです。」
店員 「六歳ですね!お待ちください!!」

46歳とは、言えないって!
(でも、6歳の子の母にも見えないよね?冷汗)


写真は、子供たちからのチョコのプレゼント。
旦那からは、この写真を撮ったデジタルカメラ。
友人からもおいしそうなシャンパン。

ろうそく6本のケーキ
美味しくいただきました。

++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (4)

こうしてコンクリートの強度を調べます。

28


住宅の基礎やマンションはコンクリートの強度が
大事です。

構造で指定された強度に、補正値を足して
十分な強さが出るよう、指定します。

でも、現場でその強さが出ていなかったら?


写真は、コンクリートを現場で打ち込んだ時に採取する、
テストピースを工場で水中養生している様子と、
私(設計者)が立ち合って、
その圧縮強度を確認している様子です。

28_2


一週間で9割近い強度が出ていたので、
合格です。

念には念を入れて・・。
偽装やミスを防ぐには、
しつこいぐらいの確認が必要ですね。

++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

閑居でお昼。

Churipu

高校入試で学校が休み。
平日息子がいる訳です。

お昼御飯をつくるのが面倒で、
昨日は、息子を連れて
cafe閑居へ。
(食べるとこには素直についてくる。)

おいしい手作りケーキはおかわりして
ばくばく食べるし、
落ち着いた店内の雰囲気に、
「おれここに一日いたら、人が変わりそー。」
と、きょろきょろ。

う~ん。
たまには美味しいものを素敵なところで・・と
思ったのですが、
なんだかやっぱり浮いてました。

写真は、息子が頼んだ煎茶。
高校生にはわかるかな?

Ts2d0023


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

役員決めの季節です。

PTAや自治会、部活、スポーツクラブ・・・と、
色んな役員交代の時期ですね。

知り合いからは、
早速、某会会長大当たりの報告。
私も今年は、高校ラグビー部の父母会長なので、
(と言っても強豪校ではないので活動も簡単ですが。)
いまから、気忙しい感じで落ち着きません。


大事なのは、
その年に活動する人たちが、
負担なく、楽しめること。

くじに当たった方。
がっかりせず、
例年やってるこれは大変だからやめましょう、とか、
皆で分担しましょう、とか、
遠慮しないで声をあげてはどうでしょう。

楽しく活動をして、
お友達を増やすきっかけに。

(私も、もう小学生がいないにも関わらず、
 小学校PTA委員会OBの飲み会に誘っていただいて
 楽しんでいます。
 若いママと一緒だと若返る?OR引き立て役?笑)


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

復活!!

昨日結局ほぼ一日寝込んで、
本日復活!

風邪を早く治すコツは、
ひどくならないうちに、
ホッカイロと首タオルで、暖かくし、
布団蒸し状態で寝ること!
(マスクも効きます。)

大汗をかいて、
二回も着替えすると、
1~2日でほぼ完治。

お勤めの方は、
この、ひどくならないうちに・・っていうのが
難しんですけどね。


皆様もお気を付けください。


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (2)

雪のあと

Yukidaruma

ひさしぶりの大雪のあと。

珍しく軽い風邪をひいたので、
お昼頃布団を抜け出したら、
庭に溶けかかった雪の玉。

中学生の息子が、
子犬のように、半日外で遊んだ
名残でした。

ベランダには、
豆まきの豆。

なんだか嬉しくなったら、
風邪もひいてきたみたいです。


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

なぜ男性と女性があるのか?

唐突ですが、
本日の新聞の書評から。

本の名前は
「ミトコンドリアが進化を決めた」

数億年前に原始的な細菌(当然単細胞)が、
別の細菌の中に住み着いた。

そこから、
細胞内の二種類のDNAをめぐる攻防が始まって、
ついには、オスとメスという二つの性が生まれた
のだそうです。

こーんな数億年も前からDNAレベルで
違う存在なんだから、
とうてい理解できないわけですよね!

でも、二つの細菌が共生することで、
進化し、パワーの源となる
ミトコンドリアが生まれたのだから、
やっぱり、反発しつつも
大事な存在なんでしょう。


と、言うわけで、
お互い理解できないことも、
「しょせんDNAが違うからなあ」と、
数億年の彼方に
思いを巡らせてみましょう。(笑)


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (0)

スウェーデン式ケーキの切り方

毎月送られてくる雑誌の中に
海外で活躍してる日本人の特集があって、
とても興味深く読みます。

今月は、スウェーデンで活躍する作業療法士の
女性の話でした。

丸い大きなケーキ、
日本では当然、均等に、6等分・8等分しますよね。
スウェーデンでは、
こんな風に、丸いケーキを切り分けるのだそうです。

‘ケーキをまわして各自が自分の食べたい分だけ切り取る。‘

たくさん食べたい人もいれば、
甘いのが苦手な人もいる。
必要なひとに多く与える。
というのが、スウェーデン風なのだそうです。

最後の人に十分まわらなくなったら?という
心配はさておき、
確かに、日本は、
なんでも均等・平等・横並び。
自分に必要なくても
隣の人がもらったら、とりあえず自分も・・
という、お国柄。

必要がないのに、
同じであることが重要かな?

住宅の設計をしていても思いますが、
毎年便利そうな設備がどんどん発売されていて、
すべてをつけると、基本的なところにかける
お金がどんどん減っていってしまいます。

大事なことは、構造が安全であること。
断熱性能が必要十分で温熱環境が快適であること。
シンプルで自然の素材でできていること。

枝葉の情報に惑わされず、
「私はこれはいらない」
「わたしの人生にとって、これは重要」
と、必要なものを見極めることが、
これからの世の中で満足して豊かに生活できる
コツだと思います。


(たとえば食器洗い機。
 手あれがひどかったり、忙しくて洗う時間がないなら必要。
 でも、みんなつけてるから、だったら見直して、
 その分でオリジナルの無垢のテーブルを
 作ってもらう方が、豊かかも?)


++NEW! 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (2)

MOLZAの`TUTU`

Tutu1


MOLZA は、
和紙を使った様々な製品を出している会社です。

プリーツスクリーンは、伊藤裕子設計室でも定番。
特に月桃紙のスクリーンは、
和室にも洋室にも合うので、
よく使います。

和紙の照明もいくつか出していますが、
これは、自分で好きな紙をセットするもの。

Tutu2


私も数年来、気に入った美濃和紙を
照明器具にしたくて保管していたのですが、
やっと形になりました。

写真はうまく撮れなかったのですが、
帰宅した息子が、「なに、これ、きれい!!」と
感嘆したほど。

つくりは簡単ですが、自分で一から
製作しようとするとけっこう大変なので、
とっても重宝なキットです。

Tutu3


もちろん、和紙が最初からセットされたものも
あります。

名前は‘TUTU‘

和紙だけでなくて、
子供の絵や、布を入れてもいいですね。


++coming soon 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

| | Comments (2)

« January 2008 | Main | March 2008 »