« 最近の伊藤家 | Main | 真っ白な年賀状 »

一冊のスケッチブックに。

一つの仕事に、
いつも、新品のスケッチブックを用意するのが
勤めていたころからの習慣です。


お客様からは、
希望をノートやイメージ写真のスクラップブックで
いただきます。


仕事は
二冊並べて、
私の言葉で、翻訳していくことから
スタートします。


いきなり、図面を描いたり、
模型を作ったりはしません。

まず、
どんな生活・生き方・価値観の人たちなのか、
将来を私がどう描くか、
頭の中をアイドリングのような状態にして、
テーマを探ります。

大変な苦労をされてきた方の人生に
思いを巡らし、
目頭が熱くなることもあります。

一生懸命書かれたノートに
住まいに対する思いの深さをいつも見ます。


私は、どれだけ深い所に響く
空間を提案することができるか?

毎回、真っ白なスケッチブックを前に、
仕事に、繰り返しはない、と
自分に喝を入れています。


++coming soon 「あたたかな・ハコ」ブログ++

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+「All About 建築コラム」+

+完成プロジェクトブログ 「熊谷アート&キッチン」+

|

« 最近の伊藤家 | Main | 真っ白な年賀状 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 最近の伊藤家 | Main | 真っ白な年賀状 »