« 黒川紀章氏逝く | Main | カフェマニア不覚 »

着工数激減

新聞第一面に記事が載ってしまうほどになりました。
建物の着工数が激減している理由は?というと
法改正のためです。

6月に姉歯事件後の厳格化の大法改正があったのですが、
その厳しさというのが、
なにもここまで?というような
重箱の隅をつつくものに変わってしまったようです。
途中の変更もきかず、1~2箇所不備があっても
一から確認の出し直しです。

期間は住宅でもいままでの倍以上。
マンションに至っては、
いまだに確認が下りないのだそうです。


私も、お客様とスケジュールのお話をするときは、
いままでより2~3ヶ月の余裕をみてもらうようにしています。
それでも不安なので、
万が一希望の日に引渡しが間に合わないときのことも
考えていただきます。

でもまあ、そろそろ落ち着くんじゃないの?と
思われるかもしれませんが、
来年6月に、木造2階建ての確認の出し方が
さらに変更になり、
混乱必須です。


これで、手抜き工事は減るか?

私は、完璧ではないと思います。

なぜなら、木造2階建てには
現場で構造をチェックする
中間検査がないから。

これでは、どんな完璧な書類を作って、
竣工検査できれいに仕上がっていても、
途中の基礎や筋交いがちゃんと施工されているか
わからない。

実際、リフォームしてると、
完了検査を通った建物のほとんどに
構造に関わる手抜き工事が存在しています。


工事中の皆さん
また、設計者などの第三者にチェックをお願いしていない方、
せめて、自分で足しげく現場に通って、
チェックしてくださいね。

|

« 黒川紀章氏逝く | Main | カフェマニア不覚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 黒川紀章氏逝く | Main | カフェマニア不覚 »