« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006

失踪日記(全部実話です。)

Azuma


ずーっと読みたかった漫画をやっと買いました。

知る人ぞ知る、吾妻ひでおの「失踪日記」。

第九回文化庁メディア芸術祭大賞
第34回 日本漫画家協会賞大賞
第10回 手塚治虫文化漫画大賞 受賞作品、

というと、どんな高尚な・・と思われるかもしれませんが、
内容は自身がアル中になって送った入院生活や、
仕事に穴をあけて、ホームレスをやっていたころの
話とか、相当悲惨です。

不条理ギャグ漫画好きだった私にとって、
吾妻ひでおといえば、ファンとはいかなくとも、
鴨川つばめ氏らと並んで、
すごい作家、のイメージですが、
こんな悲惨な生活を、
送ることができるんだ・・・とショックです。

最初は、その悲惨な内容にびっくりで読み進めますが、
繰り返し読むと、
賞をとってるだけのことはあるなあ、
という漫画としての抜群の表現力にも
驚きます。


色んな読み方ができる本ですが、
なんか、
どろどろになっても、
人間、結構生きられるんだなあ、
というか、
逃げてでもかっこ悪くても、
生きててなんぼだなあ、
と思ったりします。

だんな曰く。
この本読んでると、お酒が美味しくなく感じる・・・。


是非、ご一読ください。

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

そとん壁

Sotonn2

本日ほやほや。

今日は、某増築工事のそとん壁仕上げでした。

工務店としては初めての仕上げだったので、
慣れてる左官屋さんに、指導に来てもらいました。

指導、の予定が、
地元の左官屋さんと一緒に、
楽しそうに、どんどん作業を進めて、
あっという間に、塗りあがっていきます。

手際の良い、職人さんの仕事は、
見ていて飽きません。

いろいろ、ディテールのコツも聞けて、
楽しかったです。


仕上がるまで、見続けてる訳にもいかず、
(仕事がありますから・・)
泣く泣く帰ってきました。

左官などの仕上げが入ってくるということは、
大工さんは終わり、ということです。

お施主さんともちょっと寂しい
お別れの挨拶をして、
人懐こかったお子さんの話なんかもして、
現場をあとにされました。

現場が終わりに近づくと、
ホッとすると同時に、
寂しい思いがわきあがってきます。


私自身も、
「おはよーございまーす!」と言って、
我が物顔で出入りできるのも、
もうあと二週間ほどです。

と、同時に、
完成して、お客様のうれしそうな笑顔に
出会えるのも、
もうすぐです。

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (2)

伊東豊雄 建築|新しいリアル

Itou

ちょっとブログの間が空いてしまいました。
お出掛けが多かったので、その様子などを
お伝えします。

10/7~12/24まで、東京オペラシティアートギャラリーにて、
「伊東豊雄 建築|新しいリアル」展が
開催されています。

オペラシティで企画される
建築関係の展覧会は、規模も大きく、
内容も充実していて見逃せません。

今回も、必ず行こう!と思っていたので、
仕事で新宿に行ったついでに、
足を延ばしました。


今回の展覧会は、学生・設計関係者のみならず、
施工者が見ても面白いです。

いきなり、入口の壁にヘルメットの列。

今回の展覧会に協力した業者の名前が
印刷されています。


内容は、まさに工事現場の再現。


モックアップや模型は今まで沢山見たけど、
鉄筋が実際と同じに組まれている様子の再現は
初めて。


最近の建築は、きれいに構造解析されたCGで
紹介されることが多いのですが、
実際の現場は、その三次元の曲線を作るために、
手づくりで作業が行われています。

そんなリアルが見られて面白い展示でした。

今回もお勧め!!


写真は、伊東豊雄バージョンのレタリングペン。
伊東さんが使ってるペンを、ミキモト(きりん柄)デザインにして
売ってます。

去年の芸大スケッチブックに引き続き、
これで、仕事が上達するか??!(笑)

ただ、想定外だったのが、
ペンなら200円ぐらいかな、と二本レジに
持っていったら、1本360円だったこと。

う~ん・・。高いよね?

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

うらない

ある信頼できる人が、私の生まれ年から
性格をみてくれました。

「おおー、これは!・・口うるさいでしょ。」

全くその通り!(占わなくてもわかるか・・笑)
特にだんなは、たまったものではありませんね。
でも、口うるさいのを止めちゃだめなんだそうです。(ごめんね)

「いろんな人が、助けてくれるでしょ。」

その通り!
そうかなあ、と思っていましたが、
うらないでもそうなのですね。


とにかく、絶妙のタイミングで、
いろんな人と偶然(って、ないらしいですが。)出あって、
その場のピンチを切り抜けてきています。

今年出あって、助けてくれた方を
数えるには両手できかないです。

「その人が去っていってしまうこともあるでしょう。」

そうなのです。
助かったーと思ったら、離れる理由ができて、
残念だなあ、と思いつつ、
本当にその瞬間は、その人がいなければ
切り抜けられなかった、ということもあります。


もうすぐ年末なので、
こうやって一年を思い返してみると、
いろんな人に助けられて、
今、ここにいるなあ、と、しみじみ・・
本当に、しみじみと思います。

口うるさい私ですが、
皆様、これからも宜しくお願いします。

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

アート&キッチンで

Mikurayasoto

昨夜は、だんなのピンチヒッターで、
男の料理教室へ。

昨日は、主催者の根岸さんが、
新創刊の雑誌で取り上げられるということで、
記者の方々もいらしていて、
とても賑やかでした。

男性誌で、
スポーツやボランティア、料理などに挑戦して
生き生きと生活をしている40~50代の人を紹介する、
というコーナーです。

掲載されましたら、
ご紹介いたします。


Ryouri


アート&キッチンで、
もっともっと、生き生きしてくれる人が
増えるといいなあ、と思います。


+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

絶品クレーム・ブリュレ

Boju


すでに、今年一番のおいしさ!と
伊藤家内で大好評だった、ボージュ加須のクレーム・ブリュレです。

友人からおいしいよ!と聞きつつも、
なかなか行く機会がなかったのですが、
先日やっと訪れることができました。

しばし呆然とするほどの
ケーキの種類の多さにとまどいつつ、
何点か選んだうちの一つです。

ここは、クレーム・ブリュレが
特に有名なのですね。
(TVや雑誌でも紹介されてる。)


私、一口食べて・・「!!!」

息子1に慌てて食べさせたら、
「やばい!これ!うますぎる!」
(なんにでもやばいを使います。)

ダンナ
「うまい!!(声大)」

息子2
「(絶句・・目をみはる・・)」


たった一つ買ったブリュレを
なんとか家族で驚きを分かち合おうと、
1/4ずつの賞味でした。

映画「アメリ」の
おいしそうなクレーム・ブリュレは、
多分、これっくらい美味しいのでしょうね。


表面のカリカリは、1時間しか
もたないので、
近郊の方のみの、至福です。

是非、是非試してくださいね!
伊藤家全員の太鼓判です。(笑)


+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (2)

ハロウインi nアート&キッチン

Harouinn

もうすぐ、ハロウイン!

楽しそうだけど、なかなか日本には
定着しませんね。

今月の熊谷アート&キッチンは、
ハロウインのイベントで盛り上がります!

10/28(土)19:00ごろ~ 
熊谷鎌倉町のナイトバザールの
なかでのイベントです。


詳細が今日主催者から届きました。

子供も大人も楽しめます!
大学生による
マンドリンの演奏も・・。

是非お出掛けくださいね。


「今回は、ハロウィンにちなんでアート&キッチンを
『魔女の館』に変えちゃいます。
飾りつけはもちろんですが、女の子全員、黒い衣裳の魔女に扮して、
男性陣はドラキュラと骸骨になります。
(結構、本気のコスプレです(笑))

その格好で、1階では『魔女のティールーム』と題して、
「ホットケーキとHOTドリンク」をだします。
ホットケーキはアイスをトッピングして、
数種類の中からソースを選んで食べる事ができます。

お子さん向けには、
1階外で「くじ引き付ハロウィンお面作り」を行います。
お面を作ったら、くじ引きを楽しんでもらいます。
お面作りは、今回もズブコさんにお願いして指導をしてもらいます。

2階は『魔女の実験室』的な雰囲気で「手作り石鹸体験」を行います。
「アロマを調合し、魔法の石鹸を作ろう!」というような雰囲気です。


見るだけでも楽しめて、参加したらもっと楽しい!!ナイトバザールです!」


+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

男女雇用機会均等法

昨夜、男女雇用機会均等法の特集がありました。

20年経つのだそうですね。

ちょうど私ぐらいの年齢の
いろんな立場の女性が沢山出ていました。

私も、一日何度もお茶汲みもしたし、
番組にもあったように、
上司には、子供が出来ると、「いつやめるの?」と言われたし、
その他にもいろいろうれしくないこと言われたし、
なんか、今考えると、ひどいなーと思うんだけど、
当時は、それでも仕事したくて必死だったから、
がっかりはしても立ち直れなかった記憶はないです。
(鈍かったかも?)

テレビに出ていた、均等法一期生には
是非頑張り続けてほしいです。
(かっこよかった!)

これから、結婚・出産を迎える若い方にも
頑張ってほしいです。

均等法!なんてきばらなくとも、
男と女、半分ずついるんだから、
やっぱり職場にも、半分ずついた方が
自然だと思います。

女ばかりのPTA
男ばかりの自治会
男ばかりの職場
女だけの○○・・。

事情はあれど、ちょっと不自然。
男女の意見が楽しく出るような
そんな集まりの方がいいなあ。

Mannga

※働きマン3巻でました!
  働いて失うことと、得ることを考えさせられます。

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

好きな仕事

「好きじゃなきゃ、できない仕事ですねえ。」


しばらく打ち合わせを続けていくと、
ほとんどの方から聞く言葉です。
つい先日もお客様から伺いました。

間取りを考えるのだけが設計じゃなくて、
換気や金物の計算して、
断熱を考えて、
ディテール考えて、
役所で打ち合わせして、
もちろんデザインの美しさも大事・・。

煩わしいこともありますが、
方程式が解けていくような爽快感もあります。
解決策がなかなか見つからなくて
苦しむこともしょっちゅう。

設計の仕事は、
本当に本当に奥が深くて、
責任も重大で、
まだまだ学ばなければならないことが多くて、
「好きです!楽しいです!」と、
簡単に言えないところもあるのですが、
それでも、
明け方4:00、図面を描きながら(朝型です。)、
突然、あー楽しいなあ!と感じるということは、
やっぱり好きな仕事なのだろうと思います。
(はたから見るとちっとも楽しそうには見えませんね。笑)


Eru_kannsei1


※もちろん、出来上がったものを見るのが一番楽しい。

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (4)

いいことあるかな?

息子が布団に入ってちょっとたったころ覗いたら、

にっこり笑顔で寝ています。


なんで、笑ってるの?


と聞くと、


笑って眠ると、
明日いいことが起きるような気がして・・。


との答え。


最近なにかと忙しくて、
ちょっといらいらぎみの自分を反省。
(しても、なかなか・・・。)


ついこの前まで、
片手で抱いてたちいちゃな子に、
今は、学ぶこともあるんだなあ・・・。

不思議です。

Kyoro


※描く絵もほのぼの。一番癒されるのは子供です。
  一番煩わされるのも子供です。(笑)

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (2)

減建デザイン手法

「減建」とは、建築の一部を減らす又は壊すという「引き算」のプロセスを経て、
なおも環境の新しい価値を創造することである。


ヨーロッパを中心に広まった考え方だそうです。

資料を見ると、海外では、大規模な団地を一部間引きして、
公園にしたり、
階数を減らして快適な居住空間を作ったり、
なかなか面白い方法です。


日本の人口は減っていて、
住宅や施設は余っています。

それでも、どんどん新築されて、
使われなくなった建物の手入れもされず、
廃墟のような店舗なども見かけます。
(犯罪もありましたね。)


たとえば、増築を重ねた住宅。

思い切って、増築部分をなくしてみる。

構造的にも安定して、補修しやすく、
面積が減るので、
維持管理がしやすくなります。
(夫婦だけになったのならなおさら。)

庭も広く使えるし、
光が差し込むようにもなります。
風も通ります。


一度提案したことがあって、
びっくりされました。
(気に入ってもらえたのですが、
 事情があって未採用。)


解体も費用がかかるので簡単では
ありませんが、
使われないストックを抱え、
街が荒れていくならば、
有効な方法だと思います。

リノベーションが盛んに言われますが、
「無くす」
という選択もあるかもしれません。

Tabikura2_1

※写真は、残したいもの。


+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

街歩き#2

夏に近くの妻沼までお会いする人がいて
出かけてきました。

その途中、
車から見えた医院が、もう廃業しているようですが、
なかなかレトロですてき。

車で通り過ぎただけでよく見ることができなかったのですが、
気になったので、
妻沼の方に聞いてみると、
有名な建物で、映画のロケ地で使われるとのこと。

ああ、そういえば、
リフォームするにしては、
変な工事をしてるな、と思ったものです。
(窓をベニヤで塞いでいた。)


その映画とは、
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

医院の名前は、
「坂田医院旧診療所」(国登録有形文化財)

映画の公開が楽しみです。

※文化財なのに、あんなに工事して 
  OKなのかなあ??

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

街歩きで出会ったもの。

Midorigaiheki

街歩きが好きです。


仕事で行った先でも、
こんなかわいらしい建物を見ると、
思わず走り寄ってしまいます。


なんだろう。

きっとその好ましさは、
スケール感が一つあると思います。

建物のスケールの小ささ。
照明のかわいらしさ。
人の手を感じるディテール。

ちょっと突拍子も無い色の外壁も、
そのスケールですくわれてしまいます。


つい最近まで住んでいたような気配。

大事に住んでいたのでしょうね。


+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

タダより・・?

先日友人とデパートに。

会員は無料であんまん・肉まんのプレゼント。

初めてでしたが、ついでなので
もらってみることに。


てっきり入口で配られるのだと思ったら、
違うのですね。


まずは、最上階に近い催事場前で
引換券が配られ、
次は、地下の食料品売り場で
現物が渡されます。

なんで、こんなにいったりきたり
させられるのかなー・・と思ったのですが、
そう、お買い物をしてもらうためなんですね。
(当然か・・笑)


そして、帰りの私の手には、
しっかり食料品街で買った品々が・・・。


さすが、商売人!うまいですね。
衝動買いしやすい、催事場と食料品階ですものね。
(もちろんもらったあんまんも、買った商品も
 美味しかったですよ。)

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

子供のやる気

アイディア貯金箱の入賞作品が
郵便局の本局に展示してあるというので、
子供と見てきました。

ところが、
展示してあるのが、
駐車場の裏の別館二階。
倉庫かな?と思うような会議室。

選ばれたぞーという華やかさもない、
ちょっと寂しい展示でした。


子供達は、毎年夏休み何日もかけて
頑張ってきます。
(ほんと、みんな手がこんでるんですよ。)

選ばれたものは、
たとえば本局の中に展示して、
いろんな人に見てもらうとか、
もっと気軽でわかりやすい会場に
展示するとか、したらどうでしょう?

どきどきしながら見に来る子供達は、
色んな人が見ていたら、
さらに頬を紅潮させて、
来年もがんばるぞ!って
思うんじゃないかな?

Hikaruobuje

※子供の工作ってなかなか処分できませんね。(笑)


+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

バザー

Paresusain

学校で開催するバザーというのがあります。

家庭の不用品を集めて、地域の人達に買ってもらい、
学校の備品などの資金にします。


今回係だったので、じっくり品物を見ましたが、
面白いですね。

すっごく古いものが出てくるのです。


多分20~30年以上前のデザインの食器類やタオル・・。
(ステンレスのお盆とか、お茶っ葉入れとか・・。)

おじいちゃんおばあちゃん世代のこんな物は、
一体どんなところにこんなに長く
保管されていたのかな?

この辺は農家も多いので、
庭の物置などに長い間眠っていたのでしょうね。

タイムスリップしたみたいで、
皆で大盛り上がりします。

で、また買っていく人もいるので、
レトロな柄で、レトロな食事をするんだなあ、と
想像して面白いなと思います。

担当の100円コーナー、2万円以上のお買い上げ!
有難うございました!


※写真は古いサイン。レトロは好きです。


+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

美味しい体験

最近、おいしいと評判のお店二ヶ所に行ってきました。


どちらもおいしい!

片方は、休日などは混雑してとても入れないお店です。


どちらもおいしいのですが、
お店の中の雰囲気が違います。

片や、食事とおしゃべりに集中できる
インテリアと対応。

片や、○○な食べ方はしないでください。
○○したら店を出て行ってもらいます。・・
といった張り紙が所狭しと張ってあります。

ポリシーのある厳しいお店として、
有名で、人気のようです。

初めて行くと、なにかやらかしちゃうんじゃないかと、
どきどき・・。

わたし個人の意見ですが、
幸せな食事って目でも味わうものだから、
そこで目に入るものは、
美味しい食事と同じくらい幸せなもののほうがいいな。

失礼な態度をとるお客様も
多くて、しかたなくそうなってるのかもしれませんが・・。

美味しい食事一つ出すにも、
色んな考え方のオーナーさんがいるなあ、
と思った次第です。


私の理想は、映画バベットの晩餐会。
本当に美味しいもの(芸術)は、
理屈もなにもいらなくて、ただ味わった人が幸せになれるもの。
シェフも(建築家も?)黒子でいいと思います。


Engawapate

※写真はカフェえんがわ。今回話題にしたお店ではありませんが、美味しくて居心地良いですよ。


+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

すべらない話

と、書いて、思わず笑ってしまう人と、
意味がわからない人。

「人志松本のすべらない話」、と言えば
聞いたことあるかな?

知り合いがDVDを貸してくれたので、
なんの気なしに見たのですが、
面白かったです。

芸人さんたちが打ち明ける
本当にあった面白い出来事に、
あるあるーと共感したり、
うそでしょ!とつっこんでみたり・・。


壮絶な未公開ネタを見て思ったのですが、
普通の人ならトラウマになってしまいそうな出来事や、
ぐれてしまいそうな家庭環境を、
今、芸人さんだからできるのかもしれませんが、
思いっきり笑い飛ばすところに、
なんだか、
人間の強さを感じて、良かったです。

特に、貧乏のどん底で、
開いてくれた誕生日パーティは、
母ってすごいなー、と感動さえしました。


最近、小さいことで
悩んでいる方。
一度ご覧くださいね。
人間ってこんなことすら笑い飛ばして
生きてけるんだなーと、元気になります。(多分?笑)

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

うれしいこと。

Takahashisazannka

昨日とてもうれしかったこと。

以前設計をさせていただいたお客様の
息子さんが第一希望の大学に合格されたというご報告。
(今はいろんな入試方式があるので、早いんですね。)

設計という仕事は、お施主さんのご家族のことを
深く考える作業ですから、
竣工した後も、遠方でお会いする機会が少なくても、
いつも気になっているものです。

お元気だろうか
不都合はないだろうか
お店ならお客さんに気に入られてるだろうか


親戚が増えたようなものです。


あんまり頻繁に行って、
きれいにしてなきゃ、なんてプレッシャー
感じられても困るので(笑)、
車で前を通ってちらっとのぞいたりして・・。


なにより、
ご報告してくださったお客様の気持ちも
本当にうれしいです。
喜びを分かち合いたい時に
思い出していただけるなんて、
幸せだなあ、とかみしめたひと時でした。


これからも、出会った皆様に、
いいことが、沢山訪れますように・・・。

そして、辛いことがあったときでも、
慰めることができる空間であることを
願って・・。

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

好きなもの

Tosou

とにかく、こういうものが好きなんです。(突然ですが。笑)

塗装の見本などは、ほとんどの場合、小さなチップではなく、
実物に塗装した状態で、確認します。

木の種類によって色が違うこと。
大きさによって見え方が違うこと。
自分が納得できるよう、
自分自身で塗ってみます。
(匂いなんかも確認できるし。)

これは、ある木部用塗料のサンプル。

今まで一色一色小さな缶を買っていたのですが、
あんまり種類が多いので、
メーカーから送ってもらいました。

色んな色が、行儀良く並んでるのが
楽しい。

色鉛筆や、つき板見本、
和紙のサンプル帳・・・。
ちょっとオタクっぽく、好きなものばかりですが、
また一つ、コレクション(?)が増えました。

できたら、こんなのをきれいに並べておく
大きなディスプレイ棚がほしいなあーなんて
思ったりしてます。
(が、実際は物置状態です。涙)


+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

教え子の便り

Gijitaikenn


たまにですが、去年まで教えていた
専門学校の教え子から突然連絡がきます。

ながーいメールで、今こんなことしてます、という近況や、
先生のHP見つけちゃったー、という内容、
こんなの知ってますか?という質問、
会いましょう、というお誘い、
一年に一回、という人もいれば、
前に連絡きたのは、何年前かなー?
という人も。

先日のは、ちょっと変り種。
直接の教え子ではないのですが、
福祉の体験学習をしていた時に
通りがかった大学生で、
興味を持ってくれて、授業のプリントを
もらいにきたり、宿題をやってきたり・・・・。
熱心な学生さんでした。
(普通は、出なきゃいけない授業も
 さぼっちゃうのにね。)

その男の子が、何年かたったいまでも、
たまに連絡をくれます。

いつのまにか、
福祉系の大学院に・・。
自分の道を見つけて、
元気に学んでいる様子を
聞くのは、本当にうれしいです。

いつか一緒に仕事ができたら、
もっとうれしいな、と楽しみにしています。

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

かもめ食堂

Kamome


本当は映画館で見たかった、
「かもめ食堂」やっとビデオで見ました。

清潔で暖かな北欧のくらしが、
少し垣間見られて、面白かったです。

どうしても、インテリアや小物に目が行って、
ここが心地良さそうにみえるのは、
このせいか・・なんて、
分析してしまいます。

スタッフが、撮影の一週間前にやっと探し当てたというお店は、
セットかな思うくらいの完成度で、
トップサイドライトからの光の暖かさ・
機能的でシンプルなキッチン・
窓の外の通りの風景、
色彩・・、
どれをとっても、心地よいです。

アパート・ホテルも含め、
照明もいいです。


ハリウッド映画にない、
インテリアが、
普通で、暖かくて、家庭的で、
かつおしゃれで・・、
参考になるところがいっぱいでした。


もちろん、ストーリーもいいですよ。

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

吹き矢体験

Fukiya


土曜日は、PTAの行事で、スポーツ吹き矢というのを
行いました。(今年はお役目が多くてなかなか忙しいのです。)

いろんなスポーツがあるものですね。

先生のデモンストレーションで、一発目から、
中心にすぱっと当たったのには皆びっくり!

どきどきしながら、
小学生と親御さんが挑戦しました。

矢は、セロハンのようなものでできてるので、
危ない感じはしません。(もちろん的以外は向けちゃだめ。)


集中力が付き、肺活量も増え、
なかなか健康にも良さそうです。

皆さんもどこかで体験する機会がありましたら、
是非!

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »