« April 2006 | Main | June 2006 »

May 2006

上棟式しますか?

Foraitukami1


昨日ダンナが上棟式に出席して、豪華なお弁当を持ち帰ってきました。

なんだか、その場の華やいだ空気も持ち帰ったようでした。


今は地鎮祭はやっても、上棟式はしない方が多いようですね。

費用もかかるし、面倒だし、形式ばったことは・・・・と思われる方もいらっしゃるでしょうし、工務店にしてもご祝儀をもらう立場で、やった方がいいですよ、とは言いづらいですよね。


私個人は、できるだけされた方がいいのでは・・と思っています。

豪華なお弁当でなくて良いのですよ。
今は車の職人さんがほとんどですから、長い時間お酒を飲んで・・という雰囲気でもありません。
餅投げの風習が残ってるところも少ないでしょう。

長い工事期間、家に関わる人達(ご家族・ご親戚・工務店・大工・設計者・・・)が一同に会して、同じ食事を取る機会はこの場をおいてありません。
お施主さんは、是非「家」に託した思いをお伝えください。
子供達には、この非日常の催しものが心に刻まれるでしょう。
職人さん達にとっても、こんなハレの場というのは、少ないはずです。

何より、大工さんの木遣り唄が響く時、そこはただの骨組みではなく、魂がこもるような気がするのです。


※写真は、完成後の清払い式。これもすがすがしくて良いものでした。


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (4)

秘伝のタレです。

Tare

先日、煮魚を食べていたダンナが、はたと箸を止めて、「これ自分で味付け?」と聞くので、「そうだよ」と言うと、「Tさんのタレにしてくれない?」とのご要望。

Tさんというのはお施主さんですが、とにかくお母様も奥様もお料理がお上手で、完成後も伺うたびに美味しい手料理をご馳走になってきます。
工事中、秘伝のたれをいただいて、あまりに美味しいのであっという間になくなり、レシピを教えていただきました。

忙しさにかまけて最近作り置きをしておかなかったのですが、家族の舌は正直ですよね。

早速、模型作りの合間にタレ作り。

子持ちカレイを煮たら、やっぱり一味も二味も違いました。
子供も匂いで、今日は何々~?美味しそう!と寄ってきます。

料理も手をかけなければだめですね。

秘伝!を教えてくださった、Tさん有難うございました。
今度は切らさないようにします。(笑)


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

今だけの光景-その2

先日、近所で電車の光が田んぼに映って、とてもきれいに見える場所がある、というお話をしました。

子供に見せたいなあ、と思って、こんな場所があるんだけど、行く?
と、あまり良い返事を期待せずに、聞いてみたら、小学生だけでなく高校生の息子まで、行く!との返事でびっくりしてしまいました。

夕ご飯食べたあとで、かったるい・・と思うんだけど、親子で30分ほどの、ショートトリップ。


暗い田んぼの脇で、警報機の音と、かえるの声を聞きながら待つこと数分・・。

薄闇の中に、2列の光が滑り込んできました。

ちょうど、見える巾が木々の間、列車1本分。

パノラマのように、光の帯が流れていきました。

親子で再び感動でした。


「ブログ用の写真とらないの?」
と、子供に促されて、
でもまあ、子供と一緒のこの大事な時間に浸るのもいいかなあ、と思い、「暗くて写んないよ」と返事をしてました。

こんなちっちゃなことを、一緒に感動してくれる子供に育ってくれてありがとう。
大人になっても、覚えてるかなあ。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

食べてはいけない花

Hanahana


お皿に乗っているのは、食べられる花。(食用で農薬をおさえています。)

こんなにカラフルに並んでると、何でも食べられそうですが、食べてはいけない花の方が圧倒的に多いのだそうです。

そこで、ハーブの先生に教えてもらった、食べると危険!!な花をご紹介。

アネモネ・オダマキ・キキョウ・カロライナジャスミン・ケシ・シャクナゲ・福寿草・ルピナス・ラナンキュラス・夾竹桃・すずらん・すいせん・・・・などなど。


身近な庭先の花も、毒のあるものが多いのですね。

庭のだから、農薬はないわ、なんてちょっとしゃれて飾ったりしないように・・・。間違って口にしてしまい、救急車を呼ぶはめに。

興味がある方は、本が出ています。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

オープンキッチンにはいい天気!

Kyoushitu

初夏らしいさわやかな一日・・・アート&キッチンで、ハーブ教室が開催されました。

オープンエアが気持ちいい季節ですから、引き戸全開です。


そうすると、いろんな人が、車から・・歩きながら・・わざわざ道を渡ってきて、覗いていきます。

中には、教室ですか?って声をかけていく人も。


ほんの数ヶ月前には、もう20年閉まったっきりの、シャッター店舗。

でも、大き目のアイランドキッチンを備えた、オープンになるスペースに変えただけで、シャッターが沢山下りてる商店街の中で、ちょっとだけ華やいで見えます。


「点を打ちなさい。粘って打っていけば、線になるから。そしてそのうち面になるから。」


先日言われた言葉ですが、面どころか、立体になるまで頑張りたいなあ。(笑)


それは、商店街のお店を作っていくということだけではなくて、一つ一つ、住む人がオープンになっていける(心も)場所を、一つずつ増やしていきたい、ということでもあります。


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

見学会時間変更です。

Kicchin_1

アート&キッチン見学会と設計相談会・時間変更について


毎週土曜日に開催しております、相談会ですが、
会場の都合により、13:00~15:00に変更になりました。

お申し込みがあれば、日曜など、ご希望のお時間に
お取りすることもできます。
(イベントや教室があるときは別のご希望日でお願いすることもあります。)


今は、季節が良いので、教室などは入口の引き戸全開で開催されています。
帰りに星渓園も良いですし、デパートでお買い物も楽しいです。

ご家族でお出掛けください。
(お子様は2階で遊べます。)


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

縁(えん)

Ajisai


「知り合って設計をお願いするようになったのも、ご縁ですから・・」

今までお仕事をさせていただいてきた方たちから、よく伺った言葉です。

「条件が合ったから」「デザインが好きだったから」
だけではなく(もちろんそれも大事ですが)、
なにか、それ以上の理由があって
出会わさせていただいた、と私も感じます。

時には難しい案件もありますが、
技術的なこと以外にも多くのことを学ばせて
いただくことが、本当に多いです。

私のことを「先生」と呼んでくださる方も
いらっしゃいますが(もったいない!)、
私にとっては、すべての出会う方が先生です。

ですから、「ゆうこさん」、もしくは「伊藤さん」で呼んでくださいね。
設計では知恵とアイディアを出させてもらいますが、
それ以外では、お若い方でも年上の方でも、
学ばせていただくことが沢山ありますから。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (2)

今だけの光景

Ufo


今頃は、かえるの声も聞こえて、夜が良いです。

昨日打ち合わせの帰りは20:00を回っていて、田んぼに近い住宅地のはずれのその場所は、大小のかえるの声の大合唱。

真っ暗な田んぼの中に突然、煌々と明かりをつけた電車の列が滑り込んできました。

田んぼは水を張ってるので、鏡のように列車の長い光の列が写りこみます。

街灯も少ないので、自分の前には、2本の光が、闇に浮かんで、右から左へ流れていく光景が、不思議で美しかったです。


お気に入りの場所になったので、今度子供を連れて行こう。

田んぼに水が満々としている、今だけの光景です。


※写真は、去年の屋外パーティの夜。
  やっぱり、かえるが鳴いてました。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

フキの季節

1

フキの季節です。

先日お仕事で伺ったお宅から、庭で取れた、フキをいただきました。

大きなはのついたままのフキなんて、子供の時におばあちゃんと摘んで以来です。

軽くゆでて皮をむいたら、こんなにきれい。

そのまま食べてもサラダみたいで美味しいのです。(とっても甘い!)


油いためか、煮物か・・・楽しく悩みながら、ひとつふたつと口に放り込んで、自然の恵みと、心遣いをかみしめています。

有難うございました。
ゆっくりした時間もいただきました。


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

ブログby南部弁

たまぬ、おらほのおどどから、めーるずのがくるんだども、あおもりだば、とういすけおらのぶろぐずのを、みでるひともいながべどおもってだら、は~、おぎにいりっつうのにいれでくれでるひともいるずはなすで、しょっすがべよー。
はずのへのともだずも、すんばらぐあってねーすけ、どやしてんだが、どおもうんだども、ながなが、かえれながべー。だすけ、こったらぶろぐでも、あおもりのひどだじが、よんでくれでんだば、はー、ありがでえなあとおもうのよ。
おらのぶろぐも、おらのおどどもよろすぐ。(ずにのるすけ、HGばあんまりさせねでけね?)


※注釈をつけてみようと思いましたが、どのへんからわからないか、わからないので(?)ご想像にお任せいたします。どうしても知りたい表現がありましたら、コメントください。
 青森で見てくださってるみなさん、有難うございます。(活字にするとちょっと怪しい表現もありますが・・。笑)

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (2)

合併でいいところ。

Gairoju


市町村合併でいいところ。

隣町、と思っていた人が、今度から同じ市ですね、と親近感が生まれること。
なぜか、距離も近くなったように感じます。


いろんな施設が安く使えるようになること。

私が住んでいるところは、ほとんど新鴻巣市(吹上)や行田に近い、熊谷市のはずれなので、市の施設を使おうとするとどこも遠いのです。
プールは30分以上かかってしまう。

ところが合併で、ほんの数分のところにあるプールとお風呂が安く使えるようになり喜んでいます。

施設も新しいし、すいてるし・・・で、まずは行って見ましたが、体調も回復して快調です。

皆さんも近所を見回してみてくださいね。


※写真は去年の緑の様子。
  今日は、やっと晴れ!ですね。朝から洗濯機全開です。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

グルメだけが最高の食か?

Gurume


テレビや雑誌では、相変わらずグルメ情報があふれてます。
お取り寄せ・隠れ家・一日○○限定の・・・・。

もしくは、産地直送・体に良い・・・・。


オゾンが発行してるO-CUBEという小さなアート誌にこんなアートが紹介されてました。


オランダのフードデザイナー、マレイエ・フォージェルザンさん。

若い彼女の仕事は、料理や盛り付けのテクニックだけにとどまってはいません。

たとえば、
ニューヨークの小児科クリニックからの依頼で、肥満児に向けたスナックを考案。ただ、ローカロリーなだけではなく、色を選んで子供の食べ物へのかかわりを考えるカラーセラピーを取り入れています。


また、クリスマスディナー。

豪華な食材は使わず、クリスマスの精神である「分かち合い」「シェア」をテーマにメニュー構成。
オードブルはこんな風に始まります。

半円形のお皿二枚に、ある人はメロンとメロン、ある人は生ハムと生ハム・・・といった品物が乗って配られます。
自分の持っていない品を持ってる誰かを見つけて、必然的に交換会を始めてもらう・・という狙い。

賑やかさと一体感が生まれます。
初めて会う人も多いパーティにふさわしい演出ですね。


本当のクリエイティブというのを考えると、手に入りにくい食材ふんだんに使って一部の人しか食べられない高価な食事を作ったり、フォトジェニックな盛り付けをしたり・・・・それだけじゃなく、「食」をめぐって出来ることって、もっと沢山ありそうだな、と思いました。


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

春はどこへ・・?

Shinnryoku


一年で一番過ごしやすい季節のはずの5月が、梅雨のような天気と台風で過ぎていきます・・。

雨は雨でいいものですが、新緑の季節を待ちわびていた私としては、なんだか不完全燃焼になりそうです。

ただ、濡れた足元ばかりではなく、見上げると、お天気に関わらず芽吹いた緑が生き生きとしてまぶしいくらい。


そういえば、去年も、雨の中緑がきれいで、シャッターを切ったものでした。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

roji

Roji


路地です。

寄居の料理屋さんへの入口に通じています。

緑がところどころあって、良いですね。

黒塀も良いです。


室外機だけが残念でした。
木のカバーがあった方がよかったな。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

クイックレスポンス

昨日に引き続き感銘を受けたお話を・・。


とても楽しいお時間を過ごさせていただいて別れ、私からはその夜のうちにお礼のファックス(いつもファックスでのやりとりなので。)を入れさせていただいたのですが、ものの数分でお電話が。

それがお礼のお電話だけであれば丁寧な方・・で終わるのですが、違うのです。

会談の中に、空間が面白くて美味しいカレーやさんの話題が出たのですが、たまたまその方はお店の名前を思い出せなかったのです。
そこで、私のファックスを見てそのことを思い出され、知人にその場で電話をして確認し、店の名前と住所を伝えてくださるために、すぐ私にお電話くださったのです。

「クイックレスポンスです。仕事の基本です。」と笑っていらっしゃいましたが、その日だけで6件目の会談で、それもずっと年下の初対面の私とした雑談のなかでの話題。
翌日も早くから用事が入っていたので、ちょっとでも早く休みたいところでしょうに。


感謝、なんていうものではなく、一流の人の振る舞いのすごさに、驚くばかりでした。

今日六件目だから疲れたっていうこともなく、著名な建築家でもない私に礼を尽くされ、お会いしてほんの数分で鋭い仕事上の示唆を与えてくださり、最後の最後まで気配りをされる・・。

ちょっと自信がなくなってくるのですが、出会いに心から感謝して、これからも少しずつ学ばせていただきたいと思っています。


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

品の良さとは。

昨日は、デザイナーであり、某デザイン系雑誌の編集長・専務もされていた方と会食をさせていただく機会がありました。

お会いするに至った経緯や、示唆に満ちた会談の内容は機会があればご紹介させていただくとして、いくつか学ばせてもらったことがあります。

アート&キッチンを見ていただいた後、小さな鰻やさんでの会食を予定しご案内しましたが、予約していた窓際の床の間のある広い趣のある部屋は、一時間半後に隣の部屋とつなげて使うので時間限定です、とのこと。
その他は3畳の窓の無い小さな部屋しかありません。

もともと長居の予定はありませんでしたから、当然広いお部屋で・・と思ったら、3畳のお部屋にしましょう、とおっしゃいます。
ゆっくりできるからかしら・・と思ったらそうではなくて、後でお客が入るなら短い時間で片付けが大変でしょう、という配慮からなのです。
また、三人での会食に3畳がほど良い、とも思われたのでしょう。


今でも海外を飛び回り、世界の有名なデザイナーの方たちとも交流のある方ですから、私が想像もできない高級な場所でのお食事もされていることでしょうし、良いお部屋で当然、という振る舞いをされてもしかり・・なのですが、ちゃんとその場での作法というのを考えていらっしゃる。

私は、3畳のお部屋を瞬時に選ばれたその方に、本当の品のよさを感じたのです。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (2)

川沿い作品展

Youkan


昨日はお天気にも恵まれて、
川沿い作品展行ってまいりました。

今回はいつも参加されているところが参加してなかったり、川沿いの演出が少なかったり・・ちょっと寂しいところもありましたが、いつも通りにもてなしも受けて、楽しい時間を過ごしてきました。

これは、展示に参加されている方の、玄関先。

すてきな意匠で、いつも拝見するのを楽しみにしています。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

今日と明日のイベントです!

Kawabiengawa


熊谷にて、小さくてすてきなイベントのお知らせです。

熊谷の市街地をちょっと奥に行ったところに、成田用水という住宅地に囲まれた、小さな用水路があります。

その用水路沿いで、毎年「川沿い作品展」というイベントが開かれています。

Kawabikawa


民家の庭先や縁側、客間を開放したりして、絵や版画、手芸などが手づくりで展示されています。

Kawakaban

毎年見てると、ああ、上手になられたなあ、とか、今年もクッキー美味しいなあ、とか、小さな変化と変わらないことに、ほっとしたりします。

私がいいなあ、と思うのは、小さな用水路沿いに、こんな沢山の表現者がいらっしゃること・・・そして、個人で出来る範囲で心のこもった展示ともてなしをされていること。

主催者の方とは面識ありませんが、さりげないようでいろいろご苦労されていることと思います。

今年も楽しませていただきますね。


■5/13 14 10:00~17:00
■場所 熊谷市箱田、宮町 成田用水沿い
■実行委員 松原さん 048-525-8326
(チラシよりの情報)

※市立障害福祉会館が第二メイン会場になっています。
  ここがちょうど真ん中ぐらいです。

お勧めは? 三河やさんのケーキ!(も)です。笑


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (2)

うれしいこと。

Joou

うれしいこと。

設計した建物が、大事にされること。

物が増えても、想像してなかった使い方をされていても、きれいに掃き清められて、愛されていること。

先日、フォーライツ(築50年住宅からオフィスへのリノベ)に久々に伺って、あまりのきれいさに感動。

模型も修復されて並び、心づくしの手料理で、うれしさをかみしめて参りました。

至福の時間を有難うございました。


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (2)

舞い降りた桜・ザハ ハディド

Hara2


ぎりぎりセーフで、原美術館「舞い降りた桜・ザハ ハディドとめぐるドイツ銀行コレクション」を見てきました。

プリッカー賞も受賞したこの女性建築家の大ファンで、もうずいぶん前ですが、ロンドンのAAスクール東京セミナーに講師としてザハ ハディドが参加したときは、大興奮で申し込みして、直接お会いする機会もありました。

原美術館の庭に設置されたインスタレーション・・・軽やかで本当に美しかったです。

フォルムだけでなく、ジョイントの目地の入れ方さえも美しいです。


建築という機能を持つと、ドローイングの魅力である無重力の感じとか、軽やかさが薄れてしまうような気がするのですが、インスタレーションで純粋な形態として存在すると、魅力がダイレクトに伝わってきます。


願わくば、周りに椅子やテーブルを並べないでほしかった。
桜の下でお食事を・・ということなのかな?
人を気にせず、いろんな角度から静かに見たかったです。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

ユア ビューティフル

Jemusu


先日、ジェームス・ブラントが来日していましたね。

大ヒットした(している)「ユア ビューティフル」のアーティストです。

私も大好きで、アルバム買って聞いています。


TVに出て初めて、ああ、こういう意味の歌詞だったんだ、と思って聞きましたが、内容全部分からなくても、なんだかせつなくて綺麗な曲です。


いいなあ、と思う理由を考えましたが、メロディーだけでなく、さびの部分の「ユア ビューティフル」が心地いいのです。

「ビューティフル」という言葉自体が、意味を超えて、気持ち良いというか・・。
自分が肯定されている、という安心感を持つような・・。


言語の壁を越えて、なにかを肯定する言葉というのは、心地よさを感じさせるのではないかと思います。

 

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

子供と仕事

昨日お仕事で会った方が、お子さんが病気だということで、いろいろお話しながら思い出しました。

一時、仕事場に子供を連れて行くことが論議の的になったことがあります。

基本的には、色んな意味で連れて行くべきではないと今では思うのですが、どうしようもなくて連れてまわっていたこともあります。
ベビーシッター代の方が収入より多かったし、泊りがけの出張の時には近所に預かってもらったり、初めて会うお客さまとの打ち合わせ日に子供が高熱を出して伺えなくなったりもしました。

私が反対の立場だったら、許せただろうか?と思う場面で、「子供の熱はしょうがないわよ。」と言って新築のチャンスを与えてくれた方、子連れの打ち合わせでも仕事をくださった方、片道二時間の打ち合わせに行儀良くついてきた2~3歳の息子・・・沢山の人に支えられて、今も仕事を続けています。

もちろん、皮肉も言われたこともあるし、なくなったお仕事もあると思いますが、今振り返ると、親戚一人いない場所で、必死だったなあ、と思います。


もちろんまだまだ子供は小さいので、これからも同様の事態はおこると思いますが、色んな方に支えられて、感謝して進んでいこうと思います。

このブログを読んで下さっている女性の方。
なんとかなるものです。(笑)
きっと支えてくれる人が、周りにいらっしゃると思いますよ。


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (7)

長生きには、公民館。

Opun4


何日か前の新聞に、こんな記事。

長野県は、人口当たりの公民館の数が全国一なのだそうです。
また、長寿でも有名な県です。

公民館での活動と、長寿に関連があるのでは?というお話です。

私は、関連あると思います。


最近お会いする元気な方というのは、仕事だけでなく、趣味を持っている方が多い、それも複数の趣味!

で、良く笑うんです。

人と会って、良くしゃべって、良く笑って・・・そんな時間が多い方が、絶対に健康に良いですよね。


公民館を今から建てるのは大変です。
色んな活動に合うように・・となると設備も大変だし、人件費やランニングコスト・・・。

私は、これからは、あまりエネルギーをかけずに、小さいものを色んなところに沢山作ったらいいと思うのです。

歩いたり、自転車で行ける範囲で、あちこちに人が集まる場所がある。

ここは、スポーツは出来ないけど料理ができる場所。
ここは、お庭があるからお日様を浴びての活動ができるところ。
ここは、長ーい縁側だけの開放。

アート&キッチンもそんな場所の一つだといいな。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (2)

旅行には行けないけれどPart2

Tabi

旅行には行けないけれど  Part2。

ゴールデンウイークも今日で終わり。

昨日もリフォームのお仕事で辻堂で打ち合わせ。
帰り際、久々に大船観音のライトアップを見て、旅気分でした。

今年は、何人かがすてきな旅写真を送ってくれて、楽しかったです。
携帯って便利ですね。

これは本人にお断りして、会津若松のある旅館。
今度会うときに楽しい話題の糸口になりそうです。


旅先でも私のことを思い出してくれるなんてうれしいなぁ!と一人喜んでおります。
送って下さったみなさま、ありがと!


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

沖縄には行けないけれど

Umibudou


連休大好きな沖縄には行けないけれど・・・せめて海ぶどう。

去年も書いたけど、こんな生っぽいのに、冷蔵庫厳禁。

白っぽくなったら、蛍光灯の光にあてて下さい、緑になりますって・・・。

不思議だなあなんて思いながら、ビールと一緒にぷちぷちおいしくいただきました。

やっぱり塩漬けより生ですね!

夏になったらゴーヤチャンプルー。

手に入るかどうかわからないけど、アップルマンゴー。

う~ん、沖縄好きというよりも、沖縄の食べ物好きというべきかもしれません。(笑)


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (4)

世界遺産

4/30の「世界遺産」10周年記念番組は本当に美しかった。

空からのアングルで、淡々と音楽と世界遺産の映像が流れていく・・・。


圧巻はモンサンミッシェル。

干潟の中、夕日に浮かび上がる姿は、細部まで胸が潰れるほど美しかった。


行ってみたいけど、あのアングルでは見られないんだなあ。


今日の新聞で読んだら、スタッフは地雷原まで入り込んで命がけで映像を撮ってきているとのこと。

その気迫が、静かな映像から伝わってきていたように感じます。


(そんな絵に匹敵する写真は今日は、アップできません。)


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (2)

卓袱台は丸。

Maru

今読んでる本は、中川武著「日本の家  空間・記憶・言葉」(TOTO出版)。

写真も美しく、洞察も鋭く、日本建築の失った原風景を描きつつも現代に通じる示唆に富んでいて、とても良い本です。浮ついたデザインにならぬよう、いつも傍らに置いています。


今日は、「卓袱台」の項。


ああ、そうだ、卓袱台は丸だったんだ。
本の写真を見て突然思いました。


最近完成したフリースペース熊谷アート&キッチンには、どうしても丸のテーブルが必要でした。
広いシンプルな空間にいくつかたまりを作り、和やかに集うには「丸」しかない、それも1200φ以上。

今、完成して自分自身も色んなシーンで使ってみると、これがとっても使い勝手がいいのです。

Kyanndoru2


先日のプレキャンドルナイトイベントの時には、子供が多い時には8人ぐらい座って絵を描けました。
真ん中にライトを置くと、そこから穏やかな輪が広がっていくようでした。

2~3人でお茶を飲んでもちょうどいい加減。

もっと多い時は三つのテーブルをくっつけて話し合い。

四角だと、人が目の前に来てしまって目のやり場に困ったり・対抗意識を作ったり(イギリスの議会みたいに)、横だと親密すぎたり、距離感をつくるのが難しいような気がします。

丸だと、だんだん近づくこともできるし、斜め目線でやさしく話もできるし、正面の人だけでなく、全体の人に均等に目を配れて話の輪が作りやすい。

一番いいのは、皆同じテーブルに対等についている、という感じかな。


ただ、いざ既製品を探すと広さが必要なので、日本ではあまり種類が出ていない上に高いこと。
これも輸入品を安くわけてもらいました。


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (4)

道のお話

Hatudaikurumaisu


最近聞いた商店街の道に関するお話ふたつ。


ある商店街の道は違法駐車が多かったので、カーブのきつい蛇行したきれいな道に変更。
それでもカーブにそって車は停まる。(近くに停めるとこも少ないのでしょうね。)
すると、走行車のじゃまになるので、車で来る人が減る。
そのため商売が成り立たなくなって、何件かのお店が移転したというお話。


ある商店街の道はずっと一方通行でした。
でもお客さんが減ってきたので、相互通行に変更。
すると、歩道の幅が減って危険になり、ますます歩く人が少なくなってしまったというお話。

写真は都心の遊歩道にそった商店街。

車も少ないし、子供も車椅子の人もベビーカーのひともゆっくり楽しく歩いています。
緑も多くて人が歩きやすいから、家から出てくる人が多い。歩く人が多いと楽しい雰囲気になるので、ますます歩く人が増える。お店も繁盛する・・・。


道は、人のもの。

どうしたら、楽しそうで行きたくなるか?どうしたら安全か?いごこちのいい、あるき心地のいい道ってどんなの?
商店街の道は、大事に大事に考えなければ、と思いました。

(私が好きなのは、象設計集団の用賀や草津の仕事です。)

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (2)

ミニ・ピクニックのお勧め

Harappa2

ゴールデンウイークですが、お休みできない人も多いですよね。

ごたぶんにもれず私もoffなしでお仕事をいただいてありがたく思っています。


でも、お天気がいいと、やっぱり遊びたいなーなんて思うもの。

そこで、日曜日はスポーツスクール帰りの息子と2人で、公園でホカ弁のミニ・ピクニック。

まるでCMに出てきそうな風景ですが、スポーツ公園の中の原っぱです。

一時間おしゃべりしながらお弁当食べただけで、渋滞無しの気分転換。


忙しい皆様、お昼だけでも近くの公園で食べませんか?

Harappa1

※私の得意技は、四葉のクローバー探し。
  5分ほどで3枚ゲット。この後も3枚。
  コツは、注視するのではなくて、全体の中で違和感を感じた場所を見ること。
  お試しあれ!


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

手のひら2万円


手のひら二万円って何の値段だかわかります?

実は、車をこすった時の修理代の値段。
傷の面積で金額がだいたい決まります。

昨日車やさんで教えてもらいました。


そうです、ゴールデンウイーク入ってそうそう、道路の低いポールに車体をこすってしまったのです!

ドア一枚交換(涙)、傷の大きさは手のひら・・・○○分・・・。


怪我は無かったこと、免責ゼロの車両保険がきくこと、とりあえずは目立たないよう磨いてもらったのでそのまま乗れること、で、傷は浅かった・・・と思いますが、月末まで修理に入れないので視線を感じながらの走行になりそうです。

連休中運転しなれない方の運転もあるかもしれません。
また、ところどころ使われてる低い茶色のポールは見え辛いので、ベテランでもぶつけて修理費30万だった人もいるそうです。(デザインの問題か?私の腕の問題か?笑)
皆様、くれぐれもお気をつけくださいね!

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »