« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

お引越しの季節

Koubunnteisakura

昨日は、お友達の引越しがあったので、お手伝いに行きました。

近所へのお引越しだったので、古い建物と新しい建物を行ったり来たり。

1~2点の家具類しか入っていない状態のお部屋は、無限の広さと可能性を感じさせてきれいです。

小物や小さな家具などが入ってくると、賑やかで親しみやすい空間に変わってきます。


写真は、去年の春に行った、水戸の偕楽園。

家具が無いころの空間も、清々としていいですね。


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0)

○○だから、心も片付かないんだわ。

「片付けよ!  部屋がちらかってるから、心も片付かないんだわ。」

と、某人気漫画のせりふを読んで、ちょっと(控えめ)片づけをしました。

終わったり、終わりかけたプロジェクトの資料・ショートカットが何十個も並んだデスクトップ・サンプルの山・こまごました飾り物・・・。


目に入るものが、すっきりしてると、思考も確かにすっきりします。


自宅兼リビングのリフォーム(というより片付け?)もカメの歩ではありますが、少しずつ進んでいます。

もうすぐファブリックパネルも届きます。

こちらのグランドオープンはまだまだみたいです。(笑)

Koizumimakoto2

※小泉誠さんって、片付け上手ですよね。(ギャラ間にて)
  私、元のとこに本を入れられませんでした。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (2) | TrackBack (20)

おいしいはうれしい

anu-ku


ちょっと写真が「アート&キッチン」とリンクしてますが・・。


アート&キッチンは、いろいろコンセプトはあるのですが、個人的に一言で言うと、「美味しいものや暖かい飲み物があるところには、人が集まる。」につきます。

よって、アート&キッチンにキッチンができただけでは不完全で、そこに美味しいものが並んで、人が集まって、完成です。

企画のころから、こんなスペースができたら、この人がこんなことをしてくれないかな?とか、こんなものが食べたいな、とかいろいろ勝手に頭の中で想像していて、まだ声をかけていない・・・どころか話をしたことも無い人もいるわけなんですが、ショコラティエ アヌーク さんにはお願いしてショコラ教室を開催していただくことになりました。

こうやってだんだん、私が想像してきた「アート&キッチン」に近づいていきます。

もちろん、思いもかけない使われ方もして、楽しいです!


おいしいはたのしい。


今から教室の参加を楽しみにしています。
(要するに、自分が楽しみたいわけですよね!)

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0) | TrackBack (0)

照明が空間を変える。

o-pun5


昨夜は、熊谷アート&キッチン、オープンでした。

その時の様子は、下記ブログをご覧くださいね。


ぎりぎりまで、どうしよう、と困っていたのが、2階のライティング。

夜だし素敵に見てもらいたいのですが、予算不足でもとからあった、蛍光灯しかありません。


そこで、ナイトバザールで商店街が使っている投光機を2つ拝借。

床に転がして天井に向けて光をはなっただけで、この通り。

即席バー空間ができました。


これが居心地良かったのかどうだか・・・2階のパーティは予定を大幅にずらして、延々と続きました。

窓の外には、街の様子・・・。


う~ん。
プライベートバー やってみたいですね。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0) | TrackBack (2)

いまどきの美術の教科書

新しく配られた、息子の高校の教科書の中に、美術の教科書があったので、読んでみました。
(他の教科じゃ、理解できませんから?)

村上隆や奈良美智もおさえている点は、まずそうかなあ、と。

アキラの大友克洋、スターウォーズエピソード1のCGも、なるほど。

建築は??全く無いのですが、
中に坂茂と隈研吾の名前が!
建築ではなくて、「トイレットペーパー」と「ごきぶりキャッチャー」のリ・デザインでの掲載でした。

それぞれ、なるほど!と思われる素晴らしいデザイン(紙が出にくい四角のトイレットペーパー。環境保護。)で、こんなものもデザインしてたんだ、とびっくりしたり・・・。

でも、この教科書を見た人は、きっと、隈研吾があんな素晴らしい建築を作ってる人とは記憶しないだろうなあ?
(建築家、とも書いてなかったし。)


ちなみに中学の教科書には、安藤忠雄が出てたと思います。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Q-AX2

eigakann

せっかくですから(?)、Q-AXシネマ 外観全体のショットも。

付近が雑多なあやしいホテル街ですから、ここだけ硬質な感じです。

一時期「マイアーキテクト」がレイトショウしかなくて、一人で行ってこよう!と思っていたのですが、行ってたら絶対映画館には近づけなかった?くらい、周りはお休みどころばかりです。

でも、お勧めなのは、ここの一階のレストラン。

劇場風に作っていて、有名チェアなども沢山置いていますが、なにせ、渋谷の雑踏と喧騒がうそのようなゆったりさでお食事できます。
ランチなら値段も安いし、美味しかったですよ。


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (2) | TrackBack (4)

こんな光もきれいです。

otera


先日、某見学会へ。

いろいろと見所が多かったのですが、個人的には、小さな集会スペースの光の落ち方が好きでした。

日ごろ、明るく、ほんわりと見せることが多いので、こんなめりはりの効いた木漏れ日のような光もいいなあと思います。


以前、あるプレゼンテーションで、写真のように光を落として、その中に情報を仕込んでおき、観客は下敷きのようなものを持って、ひろって歩く・・・(小さなプロジェクターですね。)というのをチームで提案したことがありました。

光ができることって、いろいろありますね。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (2) | TrackBack (2)

素敵な方に会いました。

この業界にいると、女性はやはり少ないです。

結婚前の女性が一番多くて、結婚・出産して、とさらに少なくなります。


先日、いつもすてきだなあと思ってる女性がいらして、パーティの場で初めてゆっくりお話させていただきました。

その方は、50歳で会社をおこして数年、子供も育て上げ、若々しくてとっても素敵な方です。


頑張っていける秘訣を教えていただきました。

「続けること」
「自分がしたいことを信じること」
「気分転換をうまくすること。=人に会うこと」

まだまだ若いんだからー、なんて言われると、
勇気が湧いてきました。

自信なんてないのよ、今でも。
と、言われると、自分もそうだなあ、と同感したり。


同じ年齢になったら、同じように素敵でいられるように、
目標ができてうれしいです。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+


| | Comments (0) | TrackBack (3)

好きな素材

dobutuke


先日「マイ アーキテクト」を見た映画館。


Q-AX シネマ

北山 恒氏設計です。

好きな素材に、スチールの溶融亜鉛メッキがあります。
階段などに時々使います。

ここは、外観に大きなプレートで使っていました。

やっぱり撓んでしまって、コーナーなどは、目立ってしまっていましたが、素材感は好きです。

あんまり、一般の人ですきって言うひとはいないのですけどね。

説明していても、実際出来上がってくると、で、どんな仕上げになるんです?これで終わり?って聞かれたりします。

自然の素材や、工業製品は、消費者にこびたところが無くて、いいです。

サイディングやビニールクロス。訳あって使うこともありますが、何かに似せて作って、人の目を気にしたものは、いつか飽きられそうな気もするので、できるだけシンプルなものを使うようにしています。


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+


| | Comments (0) | TrackBack (2)

ディテール

raion

昨日の名曲喫茶のファサードです。

ガラス一枚の入口がほとんどの今ですが、奥が見えないから、入ってみたくなる・・・っていうのもいいですね。


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+


| | Comments (6) | TrackBack (3)

古建築探訪

kissaten


久々の街歩き。

渋谷でこんな喫茶店(名曲喫茶)を見つけました。

なぜか営業中の看板が!(もちろんやってません。)

中に入ってみたいなあ。

渋谷の喧騒とは無縁の時間が流れてるんでしょうね。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+


| | Comments (2) | TrackBack (0)

二つの卒業式

昨日今日と、二つの卒業式に出席してきました。


一つは、講師で教えていた工学院大学専門学校の卒業式。

実は、専門学校は募集停止をしましたので、来年の卒業式で終わりになります。
次年度は授業がない私にとっても、講師の卒業式でした。

ほぼ10年、プレゼンテーションと福祉を教えてきました。
今では、卒業生が仕事を手伝ってくれたりしています。

10年前に教えた生徒は、もう中堅社員ですね。


去年、卒業してしまった人に仕事を紹介したくて連絡したら、二児の母になって遠方に越してしまっていました。
私の中では、机に向かって講義を聴いていた一人の学生だったのですが、現実は歳月を重ね、想像もしていなかった人生をしっかり歩んでいます。


もう一つは、中学の息子の卒業式。

こちらも、ぶかぶかだった学生服の入学式から、あっという間。


さて、私はこの10年、3年をどう過ごして、どう変わったのか?

ドリームカムトゥルーのドキュメンタリーから。
「まだ、自分がこうなりたい、と思っている自分になれていない。」

私も、ああ、成長したな、と思う反面、
まだ、なりたい自分になれていない、
こうなりたいと思う、自分の姿が10年後に
ぼんやりと見えています。

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+


| | Comments (2) | TrackBack (3)

ルイス・カーン マイ アーキテクト

ka-n


お勧めです!

やっと行ってきた「マイ アーキテクト」。

実は映画としては、どうかな?と思って行ったのですが、面白い。


色んな見方ができる、映画です。


カーンの建築探訪として。

息子が父親の姿を探ろうとする心の旅として。

出会った人達の人生を垣間見る物語として。

ペイやジョンソンが登場して、当時の様子や本音を語る貴重なフィルムとして。

ドキュメンタリーの持つ力を再確認し。

建築が人に与える、本当の力を感じるものとして・・・・。


建築に詳しくない人でも十分楽しめます。

久しぶりに、いい映画を観ました。


こちら


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+


| | Comments (0) | TrackBack (1)

シルエット

kodomokai


熊谷アート&キッチンで夜、子供会が行われた様子です。

外から見ると、大きな窓に、だるまさんが転んだ!に興じている子供達の姿が、くっきり楽しそうに見えて、街に花が咲いたようです。

子供の姿がある光景って、本当にほっとしますね。


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0) | TrackBack (4)

朝日新聞に掲載されました。

3shinnbunn

先日お伝えした、「熊谷アート&キッチン」が昨日11日の朝日新聞朝刊北埼玉版で紹介されました。

この記事を見てきてくださった方もいらっしゃるようで、ちょうど夕刻から子供会が行われていた様子が沢山の人の目にとまったようです。

私も少し子供会に参加させていただきましたが、やっぱり、空間は、人が入って賑わってこそ生きてくる、と感じました。

にぎやかに遊ぶ子供達、彩り豊かに並んだ料理、談笑するお母さん達・・・。

その様子が、街に開いて見えてくるので、通りにぱあっと明かりが灯ったようです。

正式オープンは25日。

沢山の方に使っていただきたいです。

(料金は一時間1000円。キッチン使用料込み。です。)

+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0) | TrackBack (0)

366日空の旅

hon


久々に建築以外の本を買いました。

「366日空の旅」

366枚、空撮の地球上あらゆる場所の風景が繰り広げられます。

というと、きれいな風景写真のようなイメージで、私自身、きれいそう!と手に取り、買ったのですが、実はずっしりと深い内容です。


溶岩に飲み込まれた教会

侵食する砂漠

緑が美しい田園地帯


それぞれの写真は、時に牧歌的であったり、アーティスティックであったり、美しく見えて、実は環境や経済格差の問題をはらんでいる。
その解説が、一枚一枚に環境学者などによって付け加えられています。

ただの写真集なら、さらさらと眺めて楽しめそうな内容が、一ページ一ページ心に迫ります。


遺跡の写真などもあって、建築的には、写真だけでも十分興味深い内容です。

こんなに厚くて内容が濃くて、3800円は、安い!と思います。

今年一番のお勧め本です。


+建築系 人気blogランキング+

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マリメッコショップ

marimekko

表参道ヒルズ行ってきました。

もうそろそろ人の波も引けたかな?と思ったのですが、甘かった!

入口は、ディズニーランドのように並んで入り、散策するには人が多すぎなので、もうちょっとたって落ち着いた頃にまた行ってこようと思います。

人の波に酔って、外に出たところ、オープンしましたという情報が入っていた、マリメッコのショップに遭遇!
すぐ横なんですね。

ナチュラルな雰囲気と明るいファブリックに、ホッとしてきました。

子供服なんかもあって、見たことの無いテキスタイルの柄もあり、楽しめますよ。

北欧ファブリック、お好きな方は、是非お出かけください。

+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+建築系 人気blogランキング+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アートアンドキッチン2

mikurayafukan

完成をお伝えした、熊谷アートアンドキッチンの様子を引き続き。

これは、一階のオープンキッチンを俯瞰したところです。


持ち回りでコックをつとめたりするコミュニティレストランというのが、各地に増えているそうですが、アートアンドキッチンは、提供する側・される側という垣根をさらに取り払って、一緒に作って一緒に食べよう!がコンセプト。

参加型の、街に開いたオープンキッチンです。


+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+建築系 人気blogランキング+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (6) | TrackBack (0)

熊谷アート&キッチン完成しました。

mikurayasoto2

別途ブログでご紹介してきました、「熊谷アート&キッチン」完成いたしました。

ここ数年はシャッターが閉まったきりであった、築50年を超える生地やさんを改装し、「キッチン」と「アトリエ」のあるフリースペースとしてこの春オープンします。

開設には、埼玉県と熊谷市から空き店舗対策事業としての補助を受け、運営は鎌倉町商店街が行います。


mikurayasoto

1階は、オープンキッチンがある明るいサロン。壁面はギャラリーとして使えます。
2階は、当時のままの姿の、レトロでモダンなアトリエ。

1、2階合わせて、有料で貸し出されます。(料金はお問い合わせください。)
たとえば、料理や手芸のサークル・教室に。ギャラリーとして。イベント会場として。コンサートから子供のお誕生会まで、いろいろな使い方ができます。

ランチタイムは、無料開放も検討中です。


mikurayanikai

目的は3つ。

■地元商店街の閉まったきりのシャッターを一つでも上げて、街を明るく元気にしよう!

■街に残る魅力のある空間に再び光と役割を与えよう!

■「街の中のオープンキッチン=参加型」をつくることで、老若男女いろんな人が集まり、コミュニケーションをとる場所を生み出そう!


「空間を街に開こう。そして人と人とがつながろう。」
ずっと暖めてきたコンセプトが形になりました。

これからオープニングイベントなどにも引き続き関わっていきますので、随時様子をご紹介していきます。

詳しくは、「アートアンドキッチンブログ」へ。


+完成プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+建築系 人気blogランキング+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガス栓注意!

去年から問題になっていたのは、ストーブの不良品でしたが、今度はガスです。

何万件もの対象なので、皆さんも是非確認してみてください。
コンロの下が引き出し式のものが、主な対象のようです。

でも、新聞の写真だと判別しにくいですね。
引き出しの奥だと、簡単に見えるのかな?

重要な問題なので、カラーで大きな写真を載せるとか、他の機種との違いをはっきりわかるようにするとか、もっと工夫がほしいです。

少なくとも高齢者のお住まいは、早く自主的に全部まわってほしいものです。


問い合わせ先はこちら


+新規プロジェクト 「熊谷アート&キッチン」+

+建築系 人気blogランキング+

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »