« August 2005 | Main | October 2005 »

September 2005

こんなギャラリー

ofurogyarari-


昨日は、お仕事関係の人と一日都内を歩き回りました。
いろいろと参考になりそうなところを巡る、ミニツアーです。

吉祥寺、八丁堀、秋葉原、谷中・・・これが何の線でつながるのか、わからないですよね。(笑)


以前来た時は開いてなかった、谷中のお風呂屋さんを改装したギャラリー。


想像してたよりずっと開放的で、気持ちが良かった。
開いてることが少ないようなのですが、とても良いので、是非行ってみて。


でも、再びチャレンジの朝倉彫塑館は、なんと臨時休業!


なんか、縁がないのかな?


+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (4) | TrackBack (0)

黒板Tシャツ

aozora

やっと、この青空です。


ほんの二週間前まで暑い!と言っていたのに、最近は寒い毎日。
昨日は、一度行って来ますと出かけた次男が、しばらくたってから「寒いから着替える!」と、戻ってきました。


電車の中も、おとといは冷房で皆がたがた震えてましたが、昨日は少し暖房が入っていたような・・・。
おでかけするにも、全く何を着たらいいかわからない状態です。


そんな中、六本木アクシスに行ってきました。


一階のショップが、おしゃれなものだけじゃなくて、時々おもしろいものを置いてるので、見落とさないようじっくり見ると・・・。


ありました!
黒板Tシャツです。(名前は違う?)

Tシャツの前下に四角いビニール製の緑の黒板(?)が付いてます。(やわらかい素材)

もちろん、チョークで書ける!


う~ん、何を描く?よごれない?

なんて野暮な心配はしないでおきましょう。


店内で撮影できず残念ですが、行った方は探してみてね。

もちろん、着てる人にも遭遇してみたい!


+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (8) | TrackBack (0)

埼玉近辺の方「こども時間」チケット差し上げます。

「子供の時間」という映画をご存知ですか?

埼玉県桶川市・いなほ保育園の子供達の記録です。


焚き火・プール・土・・・。
まるで
50年前の子供達の姿のようだと言われています。
10万人を動員し、今でも自主上演が続いています。
語りはイッセイ尾形。
2001・3完成。


この映画のチケットが二枚手元にありますので、ペアで埼玉近辺興味のある方に差し上げます。
(自分は都合悪くて行けないので。)

あちらこちらで自主上映されていますが、なかなか見る機会はないのでは?


主人公は、埼玉県桶川市にある無認可「いなほ保育園」に通う
0歳から6歳までのおよそ100人のこどもたち。
畑や林の広がる4000坪の敷地で、
鼻を垂らした裸足のこどもたちが自由に遊んでいる。
保育園には固定の時間割はない。
その日の各自のリズムに合わせて遊び、食べ、眠る。
日々の暮らしは自然の鼓動と響き合いながら織りなされる。
冬には焚火で焼いたさんまを手づかみで食べ、
夏にはお父さんたち手作りのプールで泳ぐ喜びを知る。
竹馬、カブト虫捕り、動物の世話、節分の鬼退治・・・。
「ダメ」という言葉を遣わずに温かく辛抱強く見守る大人達の中で、
こどもたちは生きていく力を自分で身につけていく。
その姿は意欲と好奇心で輝き、
はじけんばかりのエネルギーで溢れている。

野中監督は、いなほ保育園に長男を預けて、
大人たちがいつからか忘れてしまった“こどもの時間”を
6年間にわたって記録した。

■上映日時 10/15(土)
■第一回 10:30~  第二回 14.30~  80分
■会場 さいたま市東大宮コミュニティセンター ホール(JR宇都宮線 東大宮駅西口 徒歩3分)
■杢の家をつくる会主催

当日ですと大人1200円 小中800円になります。


こちらにメールください。
先着順でいただいた方に改めて送り先を伺います。


+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (0) | TrackBack (0)

現場と模型

fo-raitumokei

fo-raitutennjou


今現場が進んでいる、住宅からオフィスへのリノベーション。

上が模型写真で、下が実際の現場です。

模型は、ほとんどの場合、インテリアまで作ります。

今回は二階の新しく架け替える2*6の根太が意匠上重要になるので、しっかり作りこみます。


模型を作って眺めた時に、斜め壁に向かって根太がフェイドアウトしていくとこがきれいと思っていましたが、実際出来上がってきたところも、けっこういい感じです。


仕上げに入っていくこれからが、わくわくするしどきどきするし、狙ってた効果が出てたりすると本当にうれしい。


+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トゲで外科に行く。

先日の、トゲの後日談です。

アドバイスをいただき、拡大鏡をにらんで奮闘すること2時間。

だんなにも頑張ってもらいましたが、先端だけ残ってもぐりこんだトゲは、取れるどころかちぎれた断面が点で見えるだけ。

取ろうとするのも、涙出るほど痛いし、ほっといても鉛筆も持てない微妙な位置。


悩んだ末、行ってきました。
外科。


一生痛いよりは、ちょっと恥ずかしい思いするほうがいいかな、と勇気を出して。


ところが、案外トゲでの外来多いのだそうです。
麻酔は痛いけど、あっという間に取ってもらいました。


ちなみにほっとくとどうなるかというと、膿んで出てくることがほとんどだそうです。

魚の骨が刺さってくる人も多いらしいので、気軽に行ってみてください。

今日は、包帯なのでよくキーボード打てず、写真無しで失礼します。

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (6) | TrackBack (0)

旅の記憶から

komoro


雨ですね。

天気は悪いし(雨も良いけど)、とげは抜けないし、月曜までにやることがいっぱい・・・。

そんな時は、ちょと気分転換に旅の写真を眺めます。


七月に行った小諸とその周辺。

いくつか写真をアップしてますが、気に入ってる他の写真もたくさんあります。


この山に続く集落の道沿いには、こんな土壁の建物がいっぱい。

漆喰が落ちてしまった、という感じではないんですね。

以前、土のまま内部の仕上げをしようとしたら、お施主さんから大反対。
仕上げてないものは、住まいではない、とのことで、砂漆喰になりました。(もちろん砂漆喰もいい。)


この建物は、本当にプリミティブな形と素材で、好感を持ちました。


こんな風に、さりげない形のものが作れたら、最高だな。


(以前、マリオ・ボッタの講演会で一枚のスライドを見せられました。こういうものを私は作りたい。それは、たしか草原の中の小さな小さな小屋だったと記憶しています。)


+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (2) | TrackBack (1)

オープンガーデン

o-punnga-denn

新聞を読んでいたらこんな広告。
某住宅メーカーさんのガーデニング大賞の発表です。


金賞は、幅2m、長さ15mのオープンガーデン。


ほんの30cmほどの土留めだけで、角地のお宅の庭は、周りに対して開いています。
中にはトネリコの大きな木も。


秘密の花園みたいに、閉じて別世界もいいけれど、こんな庭がいいですね。

住まいを作ると、木を決める前に、フェンスをどうするか、たいてい言われます。
ぶっそうな世の中ですからね、当然だと思います。


でも、理想かもしれないけど、外に開く緑や空間が、できるだけたくさんあるといいなあと思う。

私のなくなった祖父は、脳梗塞で体が不自由になってから、庭先のベンチに毎日座って、前を通る小学生と挨拶をかわしていました。

緑と、子供の声と・・・・。

幸せな時間だったんではないかと、今なら思えます。


HPで見てね。


写真は、お気に入りの、群馬県立館林美術館。
秋も気持ちいいなあ・・。
また、行こう!


+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (2) | TrackBack (0)

高田馬場だけに。。。

uma


現場監理の帰り、工事中だったお店がオープンしてました。

お花が飾られ華やかな雰囲気。

落ち着いた頃寄ってみよう、と通り過ぎたら、なんか気になる立て札。


引き返してよく見たら、こんな看板でした。


高田馬場の駅前だけに・・・?

なかなかユーモアきいてますよね。


ところでどなたか知ってたら教えて!
 おととい指先にとげが入ってしまったので、抜いたのですが、どうも奥の方に切れた先が残ってるようで痛いのです。
 よく見ても見えないし、、でも痛いし。医者に行くほどでもないし、、、。
 こういうのってほっといたらどうなるのかしら?流れて心臓に?(笑)
 右手の親指なので気になってしょうがないです。
 皆さんのお知恵を是非!

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (6) | TrackBack (0)

電話で変わる。

denwa

電話を買い換えて、何が変わったかというと、私の出方がちょっと変わりました。


以前の電話は、十数年前の黒っぽいごついファックス付き電話。

ごついのでぞんざいに取り上げて、受け答えもちょっと暗め。


今度の電話は、ネットでとにかく機能を満たすものを選んで安く!買ったので、あまりデザインにはこだわらなかったのですが、全体に女性的なフォルムと色(パールホワイト)で、持った感じも華奢。

そうすると、”そっ”と持つんですよ。

で、色も明るい色なので、ちょっと声も明るく。(ダンナも証言しています。)

前にブログでこんな大工さんのお話を載せました。

「ぞんざいに扱うと壊れたり汚れたりする場所があったほうが、繊細に扱うことを覚える。」


家電一つで、電話の声も変わるんだから、まして住まいは?


(エアコンもグレーから白で、明るい感じになりましたよ。)

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (4) | TrackBack (0)

土地や家を買ったら。

tochi


今、工事を進めている現場は、とても賑やかです。

というのは、近所の人が、休憩中の大工さんや打ち合わせに来たお施主さんと、入れ代わり立ち代り話し込んでいくからです。
時には、裏のおばさんが私にまで美味しい梨までご馳走してくれます。


以前から住んでいたところの建て替えでしょう?と思われるかもしれませんが、中古住宅を購入して10年、この家には一度も住んだことは無いのです。(住んでいるのは15分程離れたところ。)

では、どうしてこんなに近隣とうまくやってるのかというと、奥様をはじめとしてご家族皆さんが、日曜ごとに自分達でちょっと改装してアトリエにしたり、来たついでにお話していったり・・・積極的にその地域になじもうとしていらしたからなんですね。


土地や中古住宅を購入して、すぐに住めるわけではありません。

パートナー選びや、設計期間で1~3年はあっという間に過ぎてしまいます。


その間、放っておくのではなくて、家族みんなで草刈したり、ちょっとバーべキューしてみたり、近所の人ともお話して、引越ししてからスムーズにいくようにするのが良いですね。

※写真は、家から徒歩三分近所の売り地です。(駅からも数分)
  ここなら現場監理一日3回?


+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (0) | TrackBack (0)

運動会で思うこと。

hata


先週、今週と、子供達の運動会が続いています。

だいたい子供の行事には淡白な伊藤家なので、中学の運動会などは、卒業の年になって初めて行ってきました。


中学の運動会なんて父兄が見に行くものかなあ、と半信半疑で出かけたのですが、なかなかの賑わいでびっくりしました。


そこで思ったこと。


人がこんな風に、ぎゅーっと歯をくいしばったり、はじけるように笑ったりする姿って、大人だけの仕事社会にいると見られないんですよね。(顔の筋肉の1/10も使ってないよね。)


高校生に見まがうような男の子達が、真剣に走って、バトンを渡す姿・・・。
泣いてしまう女の子達・・・。


運動会って、そんな一生懸命さを忘れないようにする、大人のための行事でもあるんですね。


+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (2) | TrackBack (1)

エアコン続報

eakonshin


以前のブログで、家の電化製品が次々壊れている怖い状況をお伝えしましたが、その後新しいエアコンが入りました。

ダイキンの「うるるとさらら」です。


最近のエアコンは機能満載で、まだ使い切っていませんが、昨夜はこんな機能に大助かり。


もう朝夕は涼しくて、外は気持ちいい空気でいっぱいですが、RCのマンションの中は、昼間の熱が躯体に残っていてけっこう暑いのです。
1階なので、防犯上窓を開け放つ訳にもいかず、また、開けても風の道ができていないので、十分な通風ができません。

仕方なく冷房運転しようとしたのですが、今度のエアコンは「パワフル給気換気機能」というのがあるのです。

ようするに、外の冷たい空気を風にして取り入れてくれる。
花粉やホコリも取り除いて。(うちは花粉症が2人。)
パワフルというだけあって、結構強い風がきます。
冷やされた空気ではないので、気持ち良いです。


他に「美肌運転」やら、「カビショック」やら、季節ごとに試してみたい機能がいっぱい。
(ダンナが新機能好き。)


ところで、エアコンを変えて劇的に変わったことが一つ。


子供のくしゃみが減りました。


エアコンからカビの胞子が飛んでいたのですね。

「食事中くしゃみは、横向いて手でおさえなさーい!」
なんて全く言う事がなくなりましたよ。

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (2) | TrackBack (0)

D-秋葉原テンポラリー

akibad1

D-秋葉原テンポラリー行ってきました。

廃校になった旧千代田練成中学校の校舎をよみがえらせて運営する期間限定のミュージアムです。

内容はジャン・プルーヴェ。
鎌倉での展覧会を見損ねていたので、うれしかったです。


展覧会の内容もさることながら、学校の施設をできるだけお金をかけずにミュージアムとして成り立たせている手法が面白かったです。

写真は撮れなかったのですが、四角い普通のFL照明ボックスに布をたらして見せたり、ただの廊下が真っ赤なセロハンを貼った窓の効果で、異質な空間になったり・・。

でも、家庭科室なんていうプレートもそのままで、ちょっと懐かしい感じも。


廃校というと、山奥の木造校舎を思い浮かべますが、ここは、上野からも近い繁華街の裏手。
建物もまだまだ立派で、十分使える。


最近いろんなところで、廃校になった建物の再利用の話を聞きます。

新建築には月影の里・・最近関わったコンペも廃校利用・・地元でもそんな話があるようで。


でも、行って思ったのは、やっぱり学校には、子供の笑い声だよね・・ていうこと。


かっこいい展示、素晴らしい内容、建築科の大学生がいっぱい居て・・・でも寂しい・・のは私だけかな?

akibad2


中にはこんな犬がいっぱい。
ドックショーと、オークションもあるそうです。

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (2) | TrackBack (0)

元祖黒焼き

kuroyaki


今日は、現場監理その他で一日都内を行ったり来たり。

上野のギャラリーへ行ったあとの帰り道にあったお店です。


「元祖 黒焼き」


そう、みんな黒焼きなんです。(漢方ですね。)


林檎(お、林檎の形!これなら飲んでも良いかな)

寒鮒(・・・魚?なら飲める。)

蝸牛(そのまんまの形じゃん!)

みみず(・・・・・形は崩れてるけど、多分勇気無い・・・。だってみみずだよ!・・・ところで何に効くのかな?)


お店の中にもまだありそうで、入ってみたかったんですが、お買い上げですよね・・・。

一度チャレンジしてみたいです。


+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お客様にお会いして。

hana


私の仕事は建築設計で、月に何人か、HPを見たり工事途中の現場を見たりして連絡を下さった方とお会いする機会があります。

皆さん設計事務所に頼もうという方たちですから、生活や空間に対する夢もいっぱいで、お話していて本当に楽しく、時間を忘れて話し込んでしまう時もあります。

振りかえると、実際に一緒に住まいを建てられた方やお話し合いを続けさせていただいている方にはいくつか共通点があるように思います。

一軒目はメーカーで建てていたり、他の設計者さんに建ててもらっていたりして、それなりにいいものに住んでいらしても、終の棲家はじっくり意見も聞いてもらえて納得のいく自分なりのものを建てたいと考えていらっしゃる方。

また、モデルルームや見学会に足を運び、他の設計事務所にもコンタクトを取られたりして、それでも納得できなかった方。


私の作る空間を気に入ってくださってるのだけれども、お任せします、同じものを・・ではなく、ご自身のイメージも強くあって、一緒に作り上げていきたい・・というスタンスの方が多いように思います。


依頼者の夢と生活、設計者の新しいイメージ、施工者の知恵・・・・‘誰が一番えらい‘、ということではなく、三者が同じテーブルに付き、話し合い納得して作り上げていく・・・そんな家造りが私の理想です。

そのためには、自分もさらに謙虚に学んでいかなければいけませんね。


(左官の第一人者である久住章さんは、あれだけの技術を持ちながら、設計者のイメージを尊重し<たとえ学生であっても>、住まい手に対しての責任を感じて新しい技術をさらに開発しようとし、さらに若手の指導など、偉ぶることなくたんたんと楽しく活動を続けていらっしゃいます。
学ぶことが多すぎるなぁ、と先日のセミナーを振り返ってます。)

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (8) | TrackBack (0)

無人販売所2つ。

hannbaijo1

近所は、農家も多いので、無人販売所もちらほら。


これは、ひょうたんのパーゴラに、ベンチ。

作り手の心使いがうれしいな、なんて思ってみたら張り紙が・・・。
100円の料金を払わずに持ちさる人が多いのだそうです。

こういう場所にはやっぱり、

いつもお買い上げありがとうございます!
今年のきゅうりはおいしいですよ。

なんていう張り紙の方が良いですよね・・。


hannbaijo2


新鮮野菜!冷蔵庫入り。
もちろん冷えてませんが。(笑)

みょうが美味しかったです。


また、個性的なのを見つけたらアップしますね。


+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんなイベントあります。

mizuuchiwa3


久々の「水うちわ」です。

ずっとブログを見てくださってる方は、ご存知だと思いますが、岐阜に「水うちわ」という珍しいうちわがありまして、岐阜出身の若い人達が、多くの人に知ってもらおうと、様々なイベントをしています。

私のその一つに参加させていただきましたが、とても素敵な人達の、楽しい集いでした。


その時参加できなかった方など、秋にはこんなイベントがありますからいかが?


岐阜も一度行ったことがありますが、川原町など風情があって良いですよ。


すぐお友達になってしまう気さくな方たちばかりですから、是非!


以下の旅を企画しています。
今回は、水うちわを本場の岐阜で体験していただきます。
また、同時に、日本一の陶磁器生産地である土岐市で行われる
美濃焼きのお祭り参加も予定しています。
宿泊は、長良川温泉の岐阜の老舗旅館、十八楼です!
コンテンツには大変自身がありますので、お時間許す方は
ぜひぜひご参加ください。

岐阜は遠い・・・と思っている方のために東京都内から
バスを出しますのでご安心ください!

もちろん、皆様に岐阜に来ていただきたいというのもありますが、
何より、参加される皆様と交流しあうことができるのが
私の何よりの楽しみです。

それでは以下、告知文です。
何か質問などございましたら、ご遠慮なさらずどしどししていただきますよう
お願い申し上げます。

この旅で皆様とお会いすることを楽しみにしております。

*********岐阜をめぐる旅参加者募集************

岐阜の宝を再発見すべく企画された、岐阜をめぐる旅。
今回は、10年振りの復活2年目の水うちわと、
日本の陶器を支える美濃焼きを実体験してもらう旅です。
ただ見るだけではない、実際触れて、感じて、
心のお土産を連れて帰ってもらえればなと思います。
水うちわ・長良川・美濃焼き・G-net・・・
それぞれ異なるキーワードで興味を持った
参加者同士の出会いも期待大です。
参加者全員で素敵な旅を創り上げましょう。
以下、詳細をご参考くださいませ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
日程:10月1日(土)、2日(日)
集合:東京都内各駅(池袋・上野・渋谷・新宿)/JR岐阜駅  南口
宿泊場所:ホテル十八楼本館(部屋は大部屋の可能性有・長良川温泉付ホテル)
人数:25人(先着)
費用: 岐阜観光希望者33000円(宿泊費・バス代・水うちわ船代・美濃焼き観光費)
工程:
●1日目(10月1日):
6:00~ 東京都内各駅集合(池袋、上野、渋谷、新宿)
10:30 JR岐阜駅到着(岐阜集合の参加者と合流)
11:00 BF見学・各自昼食
13:00 土岐へ出発
14:30 到着・窯元、祭り観光
17:30 夕食
21:00 十八楼(旅館)チェックイン
22:30 交流会(参加自由)

●2日目(10月2日):共通
10:00 チェックアウト、朝食:岐阜喫茶店文化体験
10:40 岐阜城下町まち歩き(川原町、岐阜大仏、岐阜公園散策など)
    昼食(晴天の場合、金華山頂上にて)
13:00 水うちわ船 乗船
15:00 水うちわ船降船
16:00 東京へ出発

主催:G-net東京
協力:美濃焼きネット
お問い合わせ・申し込み方法:
以下のメールアドレスに下記の説明に従ってご連絡ください。
info@ayupro.com 担当:水野
* 申し込みされた方にはこちらからメールもしくは電話で連絡いたします。
申し込み後3日間連絡がない場合はお手数ですがもう一度ご連絡をお願いいたしま
す。
件名:【G-net Tour】
記載事項:お名前、ご住所、お電話番号(当日連絡がとれるもの)、
年齢、性別、G-net Tourを知ったきっかけ

参考:
水うちわとは?
水うちわとは約10年前まで岐阜市で作られていたうちわです。
水のように透けるということと、水に浸して扇ぐこともできる防水性を
付加していることからその名がつけられました。
水うちわに使用する和紙が非常に希少であることと、
うちわ絵師がいなくなったために生産が途絶えていました。
しかし、水うちわのすばらしさに共鳴した岐阜出身の若者と
うちわ職人がともに水うちわ復活のプロジェクトを立ち上げ、
2004年、約10年振りに復活しました。
現在、いまだ生産体制が確立されておらず、
生産本数が少なく非常に貴重なうちわとなっています。

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (4) | TrackBack (0)

こんな学校で学びたい・足利学校

ashikagagakkou_1

夏休みに行ってきた足利学校。


市街地にぽっかり緑の土手に囲まれて建っています。
(緑は笹)


そういえば、群馬県立館林美術館も芝生のマウンドが色んなところにあって、なかなかいい感じでした。


ashikagagakkou__2

中には、よく手入れされた庭に囲まれて、寮みたいなものや、勉強した母屋が並んでいます。

写真にはありませんが、文机が並んでいて、漢字テストのプリントを解けるようになっています。
結構皆さん座り込んで頭を悩ましていて、その光景が、ちょっと学校だった頃を彷彿とさせるんですね。

面白い演出だな、と思いました。


ashikagagakkou_3


一番気に入ったのは、中庭に面したこの渡り廊下。

暑い盛りに行きましたから、ひんやりとしていて、風の抜けるこの場所は本当に気持ちよかった。


足利学校も、街も、こじんまりとしていて、品が良くてここちいい。
一度是非いらしてみてくださいね。


+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (4) | TrackBack (1)

昨日の空に。

yuuyake

昨日の夕焼けは凄まじかった。

夕方パソコンに向かっていて、ふと外を見ると窓が真っ赤になっている。


慌てて外に出ると、台風一過のこの空です。

綺麗、というより、怖いほどで、
多分大きな被害を生み出した雲だったからかもしれません。


心を慰めてくれるのも自然。
命を奪うのも自然。

怖いほどに美しい空に二つの顔を見た気がします。


+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (6) | TrackBack (1)

秋葉原変わる

akiba1

昨日は、江戸川の家を見ていただくプライベートな見学会でした。
遠い花園から雨の中を来て頂いたお客様には、本当に感謝です。
また、1年近くたつのに、ますます綺麗に住まわれ、気持ちよく見学させてくださるお施主様にも、心から感謝しています。


ところで見学会場に行くのに、秋葉原乗換えなので、いつも通りに出ようとしたところ、雰囲気が違う・・。

そう、つくばエクスプレスが開業したのです。


秋葉というと、最近はオタクの街の顔がメインみたいになってしまいましたが、大規模な再開発で日増しにダイナミックなビルが建ちあがっています。


さらに、廃校を利用したギャラリーなんかも出来て(今度レポートしますね。)、色んな顔を持つ面白い街になってきました。


akiba2


内部もなかなかかっこよかったですよ。

今度は、つくばエクスプレス乗ってみたいな!


akiba3

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (4) | TrackBack (1)

久住さんにお会いしました

tuchiyane


昨夜は、新宿オゾンで、建築家を対象にしたセミナーがありました。

10人ほどのこじんまりとしたアットホームなセミナーで、今回は左官職人の久住章氏です。


建築関係者なら一度は聞いたことがある有名な左官屋さんです。

といっても、職人然としたむっすりとした親父さんではなく、カジュアルな服装で気さくな若々しい楽しい方です。


現在の左官の仕事の、ある大事な部分は、久住さんの感性と努力が影響を及ぼした結果と言えると思います。

(もちろん他にも榎本さん勝又さんなど沢山の優秀な左官屋さんがいらっしゃいます。)


以前勤めていた設計事務所の関係で、皆さん一度はお会いしたことがありますが、共通しているのが、気さくで明るくてとても面倒見の良いこと。そしてとても勉強熱心なこと。


久住さんのお話の中にも、道具のコテだけでも一千万を超える出費をしていること、イタリアの漆喰の職人さんに3ヶ月技術を教えてもらうために、ウン百万渡してお願いしたこと、、、などなど、ポンポンなんでもないように話題に上がります。

最近では、日本にコテの職人が2人しかいないことに危機感を募らせ、若い職人を指導しつつ、コテを買ってもらう運動もしているそうです。


お聞きしたことでここに書きたいことは山ほどというより、本になるほどあるのですが、この辺で・・・。

時間があっと過ぎてしまう、楽しいひと時であり、深く考えさせられるひと時でもありました。

写真は、岡山で設計した住宅の屋根。

断熱材のかわりに、土を塗りました。


+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (4) | TrackBack (1)

ちょっと足利へ。

ahikaga1

足利へ行ってきました。
といっても八月の中ごろ。

館林に続いて、近くなのに行ってないシリーズ(?)。


復元された有名な足利学校も綺麗で、良かったのですが(後日紹介)、街並みも良いのですね!

こんな風に、レストランやギャラリーが並んでたら、ほら!行きたくなるでしょ。


ahikaga2


観光地なのですけど、全体に品が良くて、こじんまりとしていて、秋の小旅行にはぴったり。

好きな街でした。

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (4) | TrackBack (0)

日曜日はラグビーとソフトクリーム

ragubi-akachi-mu

我が家の日曜日の定番スケジュールです。

息子達は、おなじみ(?)ラグビー。
昨日の交流試合は、相手チームが人数不足のため、中学の息子は違うユニフォームを着て自分のチームと戦っていました。
たまに試合などを見に行くと、日増しに大きくなる息子の姿は、一瞬では探せません。

yagiboku1

小学生の息子と私の楽しみは、そのあとのカフェタイム!

熊谷ラグビー場のすぐ近くに、こんなかわいいソフトクリームやさんがあるんですよ。
牧場が経営しているので、素材は新鮮。

牛乳ソフトクリームだけでなく、私はそこで焼いてるクロワッサンが大好き。


yagiboku2

広い敷地には(牧場は別ですけど)、ポニーもいます。


yagiboku3

ヤギさんもいます。


yagiboku4


でも、私が特に好きでよく通ってる理由は、建築家が設計したこんな建物も敷地内にあって、ちょっとした軽井沢気分を味わえることかな。(だんな様が建築家だそうです。)


それにしても、せっかくラグビーでカロリー消費したのに、アイスにクッキーだから、息子はやせないんだよね。

※ 八木牧パークハウス 火曜定休 10:30~17:00
   048-522-4124
熊谷ラグビー場の周りをぐるりと回ってみてください。巨大な牛の看板で、必ずわかります。
熊谷ドームの近く。
ちょっと遠くの方は、熊谷ドームのイベントに合わせてお出かけください。
昨日は、ガーデンフェアを開催してました。

+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それは心が作り出す。

umifutari


これはうれしい暮らしブログですが、世の中にはうれしくないことも沢山おこります。


アメリカの台風被害も想像を絶しますが、そのあとの略奪行為もひどい。
すべてがあんな様子ではないことを祈ります。

バグダットの群集パニックで600人亡くなったというのも、本当に痛ましいです。

思い出したのが、ずいぶん前にテレビでネパールかどこか高地の民族の番組を見たときのこと。

美しい風景、人懐っこい笑顔、素朴な人々・・・そこに薬草などを使って病気を治すお医者さんがいます。


どんな怪我や病気が一番多いですか?との質問に、「特に女性が、心配をしすぎてなる心の病気が多いです。」との答えでした。
あんな素朴で美しい場所で、心を病んでしまうの?と衝撃を受けました。(考えて見れば、心配の要素は沢山あるのですけれど)

バグダットでの事件も、実際に爆弾テロが起こったのではないのに(言葉によるテロという見方も)、イラク戦争後最大の死者数が出る大惨事に・・。

不安からパニックに陥って、人は一度にこんな人数が亡くなってしまう・・・大変な衝撃でした。

最悪の状況とは、大きな災害も、私の周りの小さな出来事も、人の心が起こしていることが多いのだな・・・と感じます。

裏を返せば、いい状況に向かえるのも人の心だから、降りかかったあまり歓迎できない状況も、自分で変えていかなきゃね・・・と、今日は、ちょっと反省を込めて考えました。


写真は、春に行った房総の海。

女の子が2人、鳥の群れに追いつこうとして逃げられ、また追いついて逃げられ・・・。
なんだかいろいろ感じました。


+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ピザを頼んで学んだこと2つ

tanjoubihirkaru

先日は、家族の2人が8月生まれで、誕生日パーティをしました。
(今日の写真はプライベートなので、さらに小さいです。)

誕生日パーティを毎年している家庭の子供は、非行等に走る確率が低い、という調査結果を以前新聞で見て、もともとのイベント好きに拍車がかかってます。


ピザが好きなので、頼んだのですが、そこで学んだこと。


その壱

「ダーリンは外国人」という目からうろこの面白くためになる本があるのですが、その中に、外人は期限切れの割り引き券も、交渉次第で使えるようにしてしまう、というのがあります。
けちやごり押しではなく、あくまで交渉。(そして最後に笑顔でお礼を忘れずに。)

そこで!伊藤家もやってみました!(ダンナが。)

誕生日サービスカードは普通二枚一回には使えないのですが、電話での交渉の結果、OKに!
ソフトドリンクなどをダブルでいただきました。感謝!!
(皆さんも試される場合はあくまで紳士的に、願いがかなったら心からお礼の言葉を。さらに、どう交渉するかは、本に詳しく載ってますから読んでみて。)

学んだことその弐

その誕生日サービスカードを担当者が回収しないで帰ってしまったので、怒られるとかわいそうだなと思い、電話をしました。
そこでの店長さんの対応。
こんな電話がお客さんからかかってきたら皆さんどう、答えます?

「サービスカード、こちらがばたばたしてて、担当者にお渡しするの忘れてしまったんです。すいませんでした。」

私は、
「わざわざ有難うございました。お手数ですが、カードはそちらで破棄してください。」
って言われるのかなって思ってたんですが。

答え。
「わざわざ有難うございました。回収しなかったのはこちらのミスですから、宜しければお手元のカードは、今月もう日にちもあまりありませんが、是非またお使いください。・・・・」でした。


よく、クレーム(今回はクレームのつもりで言ったのではないけど。)転じて、お客様を反対にファンにしてしまう、というのを聞きますが、私もこの瞬間、「ピザはその先ずっと、ピ○ー○にするぞ!」って思いましたもんね。(笑)

どんなとこにも、学ぶ種は転がってます。

(もちろんピザも美味しい。)


+店主 「伊藤裕子設計室」HP+

+建築系 人気blogランキング+

+art系ブログ 「 for Lights プロジェクト」+

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »